スポンサーサイト --.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年の締めくくり / 2016年の目標 2015.12.28


20015.png


どうもです。

2015年、あっという間でしたね。
個人的に学ぶことが多い年となりました。(毎年そうですが、今年は特に)
視野が広がったといいますか、一年前の自分では考えられないようなことを考えられるようになりました。(変な意味じゃないですよ)
皆さんはいかがだったでしょうか。


昨年のテーマは「人、人、愛、自分。」
今まで出合えた「人」、そしてこれから出合う「人」、その人たちに最高に「愛」を注げる「自分」になりたい。

そんなヘンテコなテーマでしたが、この1年を振り返ってみると、ちゃんと愛を持って接していられたのか謎。。。
実際、このテーマを忘れたりしていて反省が大きいな、と。

自分からなかなか人を誘えないタイプなので、来年は自分から「ご飯行こうぜ!」なんて言ってみたいですね。(キャラが合っていませんが)人と人との繋がりをもっともっともっともっと100倍意識したいです。



で、いろいろと2016年のテーマを考えていたのですが、今一番欲しいものを考えて、パッと浮かんだのがコレ。


2016goal.png
(最近のワ・タ・シ)



「黙って俺に付いて来い」「俺に任せとけ。」みたいな、自分に対する圧倒的な自信が圧倒的に不足しているんです、ひろき。

自信があれば、仕事でももっと活躍できる気がするし、もっとお金を稼げると思うんです。キラキラもっと輝ける気がするんです。

あとハンサムさもゼロに等しいので、今年は、

「(コソコソ・・・ちょっとあの人イケメンじゃない!?)」
「(出合って急に)付き合ってください!」
「(出合って急に)すき家で。」

って言われるような人間になりたいですね。(無理)

で、「ごめんなさい、ゲイなんですぅ。」ってドヤ顔で言いたいですね。


髪型を変えたり、ファッションを洗練させたり、見た目からでも内面は変えられると思うんです。


先行く人々に追いつきたいし、追い越したい。もっともっとお金を稼げるように切磋琢磨して、昨年のテーマも継承して(都合いい)もっともっと周りの人たちを幸せにしていくことができたら、嬉しいです。

だから「Confidence(自信)」を2016年のテーマにして、生きていきたいと思います。




最後に、個人的な目標を晒して強くなるという一種の拷問がこちらです。↓

・体重を10kg増やす(ジャンクフードをなるべく食べる)
・お給料を今の倍にする
・週に2回運動をする / スーツが似合う筋肉質なワタシ
・新しい自分のウェブサイトをつくる
・Facebookの野菜ページのLikeを500にする
・流行りっぽいけどクラシック。新しい私になれ!
・誰もが羨むイケメソになる
・SNSマーケティングのプロになる
・野菜・果物の勉強を毎日できるように何かしらする。野菜・果物の骨の髄まで知識を頬張る
・本を誰よりも読む
・早い英語も聴き取れるようになりたいので、英語の勉強をする
・誰も追いつけないスーパーヒロキになる
・旅行に行きたい。知らない野菜と果物が見たい。特にアジア圏が気になるぅ



皆さんの2016年が良いものになりますように。

ではまた。

サニーさんのセミナー「夏〜土用の季節に効く!こころとカラダのリセット法」に行ってきました。 / Seminar : how to solve problems of my mind and body 2015.07.27




先日7月15日、マクロビオティックのサニー先生から無料セミナーに招待いただいたので、お言葉に甘えてホイホイと行ってきました。

テーマは「夏〜土用の季節に効く!こころとカラダのリセット法」。


hiwamari.jpg
photo from サニーさんのホームページ

個人的にサニーさんのセミナーには今回で2回目の参加となり、会場も前回と一緒だったですが、見事に迷い、遅れて会場へ潜入したのでありました。(記憶力のなさ乙)そして

「なんということでしょう。」

見渡せば参加者が全員女性。おかまが一人浮きすぎて、今すぐ塵になりたいと思いました。


しかし遅刻したものの、始まるまで少しだけ時間があったので、以前ほかのセミナーでお知り合いになった美人先生だったり、お隣の看護師のお姉さま方とお話をさせていただくことができました。ぼくの顔を見て「野菜の人?」って言っていただけて、なんだか自分の記事を見てくださっている方がちゃんといるんだと思うと、胸熱(体温40度くらい)でした。素直に嬉しかったです。


写真 (7)
(絵がやけにかわいい、と隣に座っていた上司とぼくの中で話題に)

セミナーが始まると、さすがのサニーさん。プレゼンのコツを掴んでいるというか、勇ましい姿には貫禄すらあり、感動しました。
今まで色んな人のセミナーに参加させていただきましたが(あんまり多くはないけど)、段違いに話術があるんですよね。
「見習わなきゃぁ。」と思いつつ、セミナーからもう10日ぐらい経っていますが何もしていません。

日頃から大して喋らないぼくが地べたに埋まっているとしたら、サニーさんは雲の上ですね。ほんとに。


さて、内容についてはマクロビオティックの視点からのもので、興味深いことがやはり多かったです。
例えば、甘いものがついつい欲しくなる人は、こんなものを食べているせいだから、とか食べ物が自分の意識を無意識のうちにつくっちゃうんですよね。

特にぼくにとって印象的だったのは唇の荒れについて。

写真 (8)


ぼくは今年に入ってから唇がとっても(×100)荒れるようになってしまって、どうしたものかと嘆きつつ何もしていなかったのですが、今回のセミナーの話で、「唇が荒れてる人は腸(だったと思う)が悪い」とサニーさんが言っていて、何だが体に衝撃が走りました。ピピピピピーッ、と。

「最近、週に1袋ポテトチップス(好物はバーベキュー味)を食べるようになったのが原因なのかな」とか、「運動量が去年に比べて50分の1くらいになったせいだわ」とか、「できたての料理を毎日食べたいなぁ」とか、「会場寒いわぁ」とか、「会場の中で自分だけ性別が男で灰になりたい」とか、色んなことが走馬灯とは言わなくとも、脳裏の中をひゅーっと駆け巡ったわけです。

さらに追い打ちをかけるように、唇が荒れている人は恋愛でもズルズルいってしまうと言われて、「・・・・・・・・・!!!!」と思ったわけです。
確かに最近、ぼくの中でズルズルと汚いドブの中に一人で沈んでいる感があって、でもどうしたらわからないので、一人もがかず沈んでいっていたところなのでした。

「食べ物が体や意識をつくってくれているんだなぁ。」ということを改めて認識させられたのでありました。
「忙しい」を理由に、食をサボってしまった自分を反省。だから最近、普段からネガティブな自分がスーパーネガティブさんになっていたのですね。
そりゃスーパーひとしくんも没収されます。


onmyo.jpg
photo from サニーさんのホームページ


その他、おもしろいお話がたくさんあって、これで無料でいいのかなぁと思ったのですが、
こうやってブログを書いて少しでも多くの人に届けば、サニーさんへの恩返しみたいなものにもなるんじゃないかと思い、
深夜1時にこうしてパソコンをカタカタしているわけで。くっそ眠いですね。


また、明日から美味しいものを食べよう。もっと運動しよう。もっと新鮮なものを新鮮なうちに食べよう。
そう思いながら、床につき、また明日も1週間前に買っためっちゃやっすいカッチカチのピザを食べているのでしょう。
あぁ、ダメ人生。ちあきなおみの喝采がなぜか聴きたくなりました。


たくさんの良い言葉をいただけて、たくさん学ぶことができた充実した時間を過ごすことができました。
サニーさん、今回もどうもありがとうございました。


それではまた。


※サニーさんのホームページはこちら

Alone Again(Naturally) 2015.07.13


写真 (5)



生活に、ひとつ、区切りをつけました。

上の写真、死んだ人みたいになってますが笑



1035x1035-MI0003781327.jpg


ところで最近は、Diana Krallの「Wallflower」というアルバムを繰り返し聴いています。


往年の名曲をダイアナ・クラールのシャガれた声が包み込んでいます。

ぼくの大好きなギルバート・オサリヴァンの「Alone Again(Naturally)」や、10ccの「I'm not in love」が特に感動的に仕上がっています。もちろんイーグルスの「Desperado」も。
アレンジも基本的にピアノと声に寄り添っていて、聴いていてすごく落ち着くことができます。





最近、頭の中がごちゃごちゃになっていたので、こういう音楽を聴きながら、夢を頭の中で描く時間が必要だなぁと思っています。
世の中のこと何も分からないし、ネガティブ思考だし、おかまだけど、頑張って生きなくちゃと思います。




それではまた。


旅行その1。(シアトルへ) / Trip No.1(To Seattle) 2015.02.21


niagarafalls0212no5.jpg
(※まずはぼくのウザい感じのショットをお楽しみください。)


どうもです。

普段引きこもるのが大好きなぼくが、まさかの12日長期旅行にヴィニーさんと行ってきました。


しかもオンタリオ州。(めちゃ寒い)


今回の旅は、ヴィニーさんの故郷を訪ねるとともに、その周辺の観光地を制覇する、というもの。

出発前日ぐらいにヴィニーから天気予報をキャプチャした画像が届いたのですが、唖然。
ちょうど寒波が来ている時期だったみたいで、マイナス20とか30が平気である州だったのです。



一気に行く気が失せたのですが「ついに秘技トップス8段重ねを駆使するときがやってきた。」と、覚悟を決め、2月8日バンクーバーを発ちました。



seattle0215no1.jpg

今回の旅は航空券の都合で、

①まずシアトルで観光
②その後シアトルの空港からデトロイト空港へ飛行機で移動
③デトロイト空港からレンタカーでヴィニーのご両親の家へ(Aylmerというオンタリオ州にある小さなまち)移動
④ご両親の家を拠点にヴィニーのおばあちゃんや親戚さんのお家を訪問&その周辺の観光

という感じでした。



なので、まずバンクーバーからバスでシアトルへ向かったのでありました。
ぼくは旅行音痴なので、シアトルまでバスで行けることさえ知らなかったのです。しかも昼食にとバスの中でみかんとバナナを頬張っていたら、ヴィニーに「国境には野菜果物は持ち込めないぜ。(常識)」といわれ衝撃。その後ずっとドキドキしていたのですが、ボーダー尋問担当の方が優しくてクリアしました。ほっ。


約3時間ぐらいのバスの旅だったでしょうか。夕方、シアトルに到着すると、


どしゃぶりの雨


もう「感謝感激雨嵐」という感じでしたけども。
写真も撮れずで散々でした。グヤジイイイィィ





seattle0215no2.jpg

その後、ヴィニーの友人のニックさん(熊系イケメン)と合流し、ニックさんオススメの「Gordon Biersch Brewery」というオシャレなレストランで夕食。ぼくは大好物のフィッシュ&チップスを頼んだのですが、これがもうほんと美味しかったです。歯ごたえがサクッ、カリッで、中はふわりとした魚に舌鼓しました。こうやってブログを書いていたら、またヨダレが止まらないのです。

バンクーバーにも、もっとフィッシュ&チップスの美味しいお店が増えればいいのになぁ、といつも思います。大好きなんですもの。



seattle0215no4.jpg

そしてデザートに「Warm Apple Bread Pudding」を。あぁ、またヨダレが。。。。
とってもとっても美味しかったです。




seattle0215no3.jpg
(シアトルのダウンタウン。夜の街並み。)

そうして会話を楽しみながら(80%はヴィニーとニックが話す内容を一生懸命聴いていたのですが)ステキに散財した後、空港近くにあるホテルで無事初日を終えたのでありました。
(※近くにあったヒルトンホテルの外見がすごく質素で二人の間でブームに。)


それではまた。






ブルック・フレイザーのコンサートへ。/ To Brooke Fraser's Concert 2015.02.21


brookefraser0218no1.jpg


どうもです。

ニュージーランド出身のシンガーソングライター「ブルック・フレイザー」をご存知ですか?



brookefraser0218no2.jpg


ぼくが彼女を知ったのは、以前ニュージーランドで暮らしていたとき。そのときちょうど彼女の3つ目のアルバム「flag」、そしてそこからのファーストシングル「Something In The Water」が国内で大ヒットしている頃でした。

実はそのころ1度彼女のライブにも参加しまして、ライブ後のサイン会では、CDを持参して目の前でサインしてもらいました。わくわくどきどきの気持ちは今でも覚えています。楽しかったなぁ。






そうして時が流れて、昨年4つ目のアルバム「Brutal Romantic」がリリースされました。

今までの彼女の音楽スタイルは「ポップ、でも、すごく崇高な香りのするロック」っていうイメージだったのですが、今回のアルバムではガラリとその印象を変えていました。なぜなら世間の流行に乗るかのように「EDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)」にアルバム全体が染まっていたからです。

初めてアルバムを聴いたときはショックでした。あの可愛くて、そこらへんにいそうなのにいない、手の届かない美しさみたいなものが好きだったのに。完全にクラブを意識した感じで。イケイケで。


「こんなのブルックフレイザーじゃない!」


なんて愚痴を言いつつ、なんと彼女がバンクーバーにライブしに来るという情報をゲットしたので、当然の如くライブ参戦したわけなのでありました。(都合が良い)


前置きが長くなりましたが、それでは今回2015年1月23日にナイトクラブ「VENUE」で行われましたライブの感想を残しておきます。



ライブ1曲目は、新アルバム1曲目でもありました「 Psychosocial 」
今までのスタイルを一変しての新しい「挑戦」みたいな勢いと強さを感じました。
CDで聴いたときはそんなに耳に残らなかったのですが、ライブで聴くと思わず「おおおおお!」。
すごい迫力でした。

brookefraser0218no4.jpg



また、過去の名曲「Shadowfeet」「Albertine」をEDMバージョンでプレイしてくれました。元々ぼくのお気に入りの2曲なのですが、かなり新鮮に聴こえて「これもこれでアリだな」、と。良かったです。


しかしながらその後は新アルバムからの似たようなEDM曲が多く、ライブ中盤にはマンネリ感がちょっと拭えなかったのでありました。(アルバムちゃんと聴きこんで来なくてごめんなさい)


brookefraser0218no3.jpg



そんな中、終盤にはついにぼくが彼女を好きになった曲「Something In The Water」が!
これには会場全体が大盛り上がり。
みんなでいっしょに歌って大変気持ちが良かったのでありました。
小さなクラブの中のぼくの知らない人たちが、この曲を一緒に歌っているのがなんだか不思議で嬉しかったです。
「会場がひとつになった」とは言いすぎだけど、「この人たちもこの曲が大好きなんだ!」と妙な親近感が生まれたのでありました。



(彼女の名曲がたっぷり聴ける再生リストがありました。ぜひ一度ご視聴くださいませ。)



そして早いものでライブ終了。
立ちっぱなしが辛かったけど、まさかもう一度彼女のライブに行けるとは思っていなかったので、万々歳な一日となったのでありました。やっぱりキレイな人だな、と改めて思いました。足の痛みも含め、やっぱりライブっていいですね。










やっぱり足の痛みは除いてライブっていいですね。

それではまた。


やまもとひろき
gay / produce worker / 27years old / Okayama / music / books / vegetables / fruit
(同性愛にご理解のない方は、閲覧をご遠慮ください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。