スポンサーサイト --.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あったかい歯医者。 2013.01.21


teeth.jpg



昨年、岡山のとある場所にある歯医者を訪ねた。
ご夫婦と数人の助手の方々でやっている。いわば小さなところ。





元々、歯の悩みを小さい頃から抱えていたぼくは
昨年、それをどうにか解決しようと、インターネット上を何日も何日もかけてネット上を駆け回った。

だけどぼくの求めるものはなかなか見つからず、
あったとしても治療費も法外なものばかりだった。

なかば諦めかけていたとき、たまたまその医院を知った。
そのとき、嘘なんかじゃなく、運命なんじゃないかと思った。

ぼくの求めている最先端の治療法が、
なぜか岡山の片田舎の小さな歯医者さんに存在していたから。
しかも通常の治療価格を大幅に下回っていた。




インターネット上の先生の誠実さ、歯に対する想いを知ったとき、
価格設定に何の疑いもなく、電話をかけた。
応答を待つ自分がすごくドキドキしていたのを今も覚えている。
着々と話が進み、予約をとり、何事もないように受話器を置いた。
なんだか新しいことが始まる、自分が変わっていくんだ、っていう気がしてた。




初めてその医院を訪れたのは、確か去年の夏。
暑い日で、お気に入りの白シャツにベージュのストールを巻いてでかけた。

インターネットで顔を拝見していた女の先生が現れ、
詳しく治療法をゆっくりゆっくり歯に素人の僕にも分かるように
説明してくれた。
親身で、かつユーモラス。心の綺麗さが分かる素敵な女性。

その旦那さんである先生も、とても親しみのある人。
初めて会った自分に対して、ぼくがどんな人間であるか分からないはずなのに、
誠実に、そしてなにより熱心に対応してくれた。




説明が終わり、その日は歯型を採って終了。
その日、ぼくは、なんだかとてもあったかいものに巡り合った気がしていた。




あったかい歯医者。





今まで生きてきてこんな歯医者に出合ったことがなかった。

ぼくの行った歯医者はすべてが清潔。そして歯医者がもつ独特の冷たさを隠すように、
あたたかい演出がわざとされているような印象だった。

先生たちも、当たり前ながら「患者」として扱い、
ぼくも「患者」として向き合っていた。



だけど、その歯科医院は明らかに違っていた。

何がそうさせるのか。
先生たちのあたたかい人柄による面も大きいけど、
その歯に対する真剣さ、人を救おうとする内から出る気持ちが、
たしかに感じられた。


だから、余計際立ってみえたのかもしれない。
「人情」みたいな言葉が似合う歯医者さん。
ここでは「人」と「人」で向き合うことができた。







それからその歯医者には何度も通っている。
行く度に大事なことを思い出させてくれるような気がするから。
何より「行きたくなる歯医者」なんだと思う。






今日も歯のクリーニングと点検に行ってきたが、
歯周病の検査では、2ヶ月前は血が出る箇所ばかりだったのに、
歯磨きの仕方を教えられたとおりにやり、
歯磨き粉を勧められたものに変えただけで、
わずか2箇所ほどしか出血が見られなかった。



歯に対するモノの見方を少し変えてくれた
先生方、そして医院の皆さんには本当に感謝している。

こんなにすばらしい歯科医院が日本に、そして岡山にある。
ぼくにとってこれは巡り合わせとしか思えなかった。今でもそう思ってる。

こういう出合いってとても貴重で
これからも忘れないでいたいという気持ちで、この文を残しておくことにした。



これからもお世話になりますが、どうぞ宜しくお願い致します。

それではまた。


きんかんの甘露煮 2013.01.08


kanroni2013no3.jpg



毎年、金柑が出てくる時期になると甘露煮をつくる。
これはもう習慣といっていい。








kanroni2013no2.jpg




父親の実家には金柑の木がある。
毎年、たくさんの実がつき、子どもの頃、それをもぐのが楽しかった記憶がある。
でも食べるのは苦手だった。もぐだけもいで、全く手を付けなかった。
今思えば親に申し訳ないのだが、金柑独特の苦味が嫌いだった。




20歳になり仕事を始めてから、金柑が入荷。
ちょうどパックの中に甘露煮のレシピが入っていた。

僕にとってそれが金柑を好きになったきっかけ。
生で食べても美味しかったし、甘露煮にしたらとってもほろ苦くも甘くて美味しかったのです。
今思い返せば、仕事を始めてからちょっとしたことで好きになれた食べ物が多いようにも思う。








kanroni2013no1.jpg

つくれば毎年のように写真を撮るんだけど、
今回が一番良く撮れたように思う。

ちょっとずつ成長できているんだろうか。
なんとなく嬉しくなった。




それはそうと、ここ数日風邪を引いており、
この甘露煮を食べると結構気分的に助けられている。

やっぱり僕と果物の関係は切っても切れないのです。
赤い糸で結ばれているのです。




言い過ぎか。



ではまた。



最上稲荷にて。 2013.01.05


saizyoinari.jpg


1月3日。
朝は仕事だったので、お昼から同僚の方の家族に付き添い(迷惑w)
岡山の最上稲荷にお参りに行ってきました。




道中、同僚の娘さんのSちゃんの大好きな東方神起のDVDを超渋滞の中、永遠と見せられ(強制)、
その拷問加減に口から泡が出たりした。






omikuzi2.jpg

毎年必ずおみくじを引くのが楽しみである。




omikuzi.jpg

今年は吉。

一緒にいたおばちゃんに
「いいじゃない。良いほうにまだ持っていけるんだから。がんばれ。」
と言われ、あぁなるほどと思う。


紙に書いてあるように、僕に必要なのは積極性だと思うので、
今年はガンガンウザいくらいに積極的になろうと思う。





emaki.jpg

こういう絵巻(絵馬)に書いてあるものを盗み見するのが好きな自分。
みんな頑張ってね。




fire.jpg

体の悪いところにお線香の煙を浴びると良くなるそうなのだが、
熱いのと煙たいので、顔ばっかりにかかった気がする。
これ以上イケメン(イケてないメンズ)になったらどうしようか。






meandbell.jpg
同僚の方に鐘を突いている勇ましい僕を撮って!とお願いすると
見事逆光。二人して大笑いして、周りの人から引かれた。







帰りの車の中では、疲れていたのか眠ってしまった。
パパさん、運転本当にご苦労さまでした。
Sちゃん、神戸でまた勉強頑張ってね。
Fさん、今年もお互いいろいろ言い合いますが、どうぞよろしくお願い致します。



いい年にできますよーに!




2013 2013.01.02


ahappynewyear.jpg


どうもです。

明けましておめでとうございます。
2013年、今年も宜しくお願い致します。





さて。ぼくの輝かしい初夢(現代では元旦から2日に見る夢とされるけど)はなすびや鷹や富士など出てこず、
ブックオフで本を馬鹿みたいに買っている愚かな自分の姿でした。

31日のTVコマーシャルで本が全品20%OFF!というのを見てから、
相当わくわくしていたようで、夢にまで出てきたようです。

ということで、今日は仕事が午前だけで終わったので、
初夢を実行するべくブックオフへ行き、いろいろと思惑した結果、89冊購入させていただきました。
今年は1年で100冊は読みたいと思っております。






年が明けると、いつも新たな目標を掲げるのが、社会人になってから年課となりました。


31日の夜に何がいいか考えていたのですが、今年は結果これにしました。




mygoal2013blog.jpg


(ありのままでいること×行動すること)-自分の弱さ=美しき生命力





なんだか変な計算式ですが、



”ありのままでいること×行動すること”



まずこの二つに主体を置いて物事を見ていこうと思います。


自然体でいることって、簡単なようですごく僕にとっては難しい。
飾らない自分が一番魅力的だと最近よく思う。
他人に対して、どこか壁を作ったり、かっこつけてしまう自分はもう今年で終わりにしたい。

そして行動すること。去年は頭の中で考えが交錯!交錯!交錯!だったので、
今年はもう行動するのみ、という感じ。

この2つを足し算ではなくて、掛け算にしたのは、相乗効果みたいなものを期待しているから。
なんとなくお得感があります。笑





そして、"Weak"。(名詞のほうが良かったか?)そこから自分の弱さを引きます。
自分の弱いとこなんて分かっているので、あとはどう対応するかのみ。
(もちろんこれからいろんなことを経験して、新しいものも出てくるはずだけど)
自分を知ることで、解決できることは多いのです。




で、結果得られるものが、「美しき生命力」。
潜在意識が「本来の生命力」を邪魔しているような気がしてならなかった、でもどうにもならなかった2012年。
もういい加減、潜在的なところから自分を変えられればと思う。

潜在意識と顕在意識が調和した人間は、強いと思う。
そして美しい生命力を持っている人は、やっぱり素敵な人。


今年はそんな人たちに少しでも近づければいいなぁ、と思う。








皆さん、よいお年をお過ごしください。
ではまた。



やまもとひろき
gay / produce worker / 27years old / Okayama / music / books / vegetables / fruit
(同性愛にご理解のない方は、閲覧をご遠慮ください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。