スポンサーサイト --.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所の土手と春。 2013.04.05


2013sakuradote2.jpg



今日は快晴の岡山。
午前は休みだったので、今しかないと思い、
昨日に引き続き近所の土手に桜を見に行った。
毎年この時期にそこでは3種類の花が楽しめる。
桜と、菜の花と、桃の花である。




2013sakuradote4.jpg

毎年するのだけど、
ぼくはこの桜並木で陰になった道を自転車で駆け抜けるのが好きだ。
ひんやりとしていて、深呼吸したくなるとても落ち着く空間。





2013sakuradote3.jpg

桜の白さ、ってなんでこんなに不を含んでいないんだろう。
いつも足元が全部花びらで埋まってしまえばいいのに、と思った。




2013sakuradote1.jpg

感謝。






nanohana2013no2.jpg

菜の花を撮るのは、なんとなく苦手である。
今年も腑抜けた感じに仕上がった。





nanohana2013.jpg

でもVividなグリーンとイエローのコントラストは本当に目を引くものがある。
香りも良い。





2013momo1.jpg

土手にひとつだけある桃の木。
桃の花言葉は手元にある本によると「あなたのような魅力」。
花の美しさとともに、モモの果実に結実する健康美を象徴したものだそう。
また、ひなまつりにつながるという意味で「なつかしい日」という花言葉もあるそうで。



2013momo4.jpg


咲き方がなんとなくかっこいいところが好き。





2013momo2.jpg

空色とピンクのコントラストがすごくいいと思わされる。





2013momo3.jpg


もともと桃には邪気をはらう果実と考えられた面がある。
「桃太郎」が生まれた背景。

そんな意味からも、ぜひとも部屋に飾りたい花だと思う。素敵。






太陽の下でいい時間を過ごせたと思う。
この場所は、ぼくが死ぬまで残っているといいな。


ではまた。

後楽園と春。 2013.04.05


2013sakura4.jpg




昨日4月4日(語呂悪いな)、後楽園に行ってきました。
とても多くの観光客が来ていました。




tori2013kourakuen.jpg

まず入り口あたりで出合ったのが、この小鳥。
ぴょこぴょこと走ったり、止まったり。何を考えているんだろう。
自由を思い、小鳥すら後楽園の芸術の一部なんだと思わされた。見事。







roots2013.jpg

続いて、後楽園に来るといつも見入ってしまう木の根。

ぼくは人間にも根があると思っている(根気とか言いますし)。
いまのぼくの根なんてやせっぽっちで、引っこ抜かれたらすぐに抜けてしまいそうだけど、
いつか写真の根のように、太く力強く自分の根をおろしていたいと思っている。

改めて木のすごさというものを実感した。
(木に関しては幸田文さんの著書「木」を読むと、見る目が変わります。
内容をまとめた記事はこちら↓
 http://forbookbloghiro.blog.fc2.com/blog-entry-42.html)






isikaidan.jpg

のろのろ歩いていると、ぼくの目に止まったのは、枯れ落ちたつばきの花たちだった。
誰も使わない石の階段を彩るように椿が転がっていた。


とっても美しい寂びだった。
枯れたらそれで終わりじゃないんだと学ぶ。
枯れることで残せるものもあるんだと。




2013sakura5.jpg

そして桜がたくさん咲いているところへ向かった。
たくさんの人が記念撮影をしていて、そばの芝生で転がって花見をしている人もいた。


これでもか、と咲き誇っている。





2013sakura6.jpg

桜ってぼくにとっては、基本的に優しい気持ちにさせてくれる花であるけど、
たまに写真を撮っていると違う表情みたいなものも見えてくる。

散るのが早いからなのか、とても凶暴的に荒々しく咲き乱れる。
そんなところも含めて好きなんだと思う。
終わりがあるからこんなにも美しいんだと思う。






2013sakura1.jpg

枝垂れ桜もひとつだけ植えられていた。
遠くから見つけたとき、すぐに目を奪われた。
それぐらい見事に咲いていてた。



2013sakura2.jpg

垂れることがより美に繋がるんじゃないかと思わされた。
人間でいえば、皺が増え、皮膚が垂れていくその経過。

ぼくはゲイだから(?)スキンケアもして、できるだけ皺をつくりたくないと思っているけど、
皺があるから、皮膚が垂れ下がっているからみたいな理由で人を簡単に馬鹿にはできないだと。
それだけの時間をちゃんと生き抜いてきた証だから。
ぼくにもできるのだろうか。





2013sakura3.jpg

今回、これが一番よく撮れていたように思う。
桜のしなやかさ、というか、豪快さというかそういうものをあらわせているような気がする。(素人なりにですよ)









最近、魂が濁りきっていたので、透明に戻すいい時間をつくれた。
岡山に生まれてよかった。



ではまた。



りんごジャムづくり。 2013.04.05


jyonagold2013.jpg


以前つくって使用していたズッキーニジャムといちごジャムが切れたので、
新しくジャムを作ることに。



今回はりんごジャム。
使用したのは上の写真のジョナゴールド。
果肉は柔らかめで、酸味のある品種。




レシピはクックパッド(いつもお世話になっております)で探して、
レモンを1玉まるまる入れるものにしてみた。





ringojam1.jpg

出来上がりがこれ。
レモンをひとつ丸々使っているので、酸味が強すぎないかと思い、
その分はちみつを多めにいれてみたため、こんな飴色に。
これはこれで見た目が良いと思う。








ringojam2.jpg

それにしても「りんご×レモン×グラニュー糖」のコラボレーションは最強だ。
作っている途中、何度もつまみ食いをした。
だって香りがいいし、とろっとあまっくてほんとに美味しいんだもん。









ringojam3.jpg

結局、パンに塗るつもりだったが、そのままスプーンですくって食べている。
糖尿病になったら、このジャムのせい。




ringojam4.jpg



今度はもうちょっと旬の時期に合わせてつくりたい。
ではまた。




やまもとひろき
gay / produce worker / 27years old / Okayama / music / books / vegetables / fruit
(同性愛にご理解のない方は、閲覧をご遠慮ください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。