スポンサーサイト --.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性格診断の自分とほんとの自分 2013.10.25


seikakusindan1.jpg



最近、性格診断的なものがよく流行っている。(おそらくいつの時代もそうだと思うけど。)
手相、血液型、生年月日、星座、動物、そして好きな色など種類も豊富。



例に漏れずぼくもそういった類のものが大好きだけど(だって楽しいもの)、
最近はそれらに自分を縛り付けているような感覚に陥るときがある。
無意識のうちに自分の可能性を制限してしまっているような気持ちで、
その決められた箱の中から自分が一生出られなんじゃないか、みたいな怖さといったらいいだろうか。
例えば”自分はA型だから、神経質な性格でもしょうがない”みたいな。
これって、大げさに言えば、ある種の精神面の成長を阻害する一因ではないか、と。


もちろんそれらを真に受けず、"お遊び"みたいな感覚で受け止められれば
一向に構わないのだけれど、そういった類のものを真に受けてしまう馬鹿正直な自分にとっては一大事(!)。




なので、「これも!これも!合ってる。、すごい、。」って思うことが多い性格診断だけど
ほんとの自分ってそれに書かれている通りなんかじゃないはずで、
一人一人まったく違う輝く個性があるはずだと思うのです。
ぼくと同じ生年月日で同じ血液型の人がこの世にどのくらいいるのか知らないけど、全員ぼくと同じことが得意かつ
不得意なはずがないし、ぼくと似たような性格、人生を送っているとは到底思えない。




でもその一方で、こういった性格診断が世間で受け入れられるにはそれなりに理由があるとも思うわけで。
いわばどれも

"膨大なデータから生み出された性格分析法"

なはずだから、大まかな部分では実はこれで性格判断は可能だと思ったりもする。(都合がいい笑)
だからその大まかな枠組みの中で、みんなそれぞれ自分の個性をカタチづくっているのかな、と。




ということで、とりあえずぼくが特に印象に残っている性格診断の中の自分に該当する項目を
まとめてみた。




-----------------------------------------------------------------------

①人間まるわかりの動物占い
 (ビッグコミックススピリッツ編集部・編/小学館文庫より抜粋)
 【古代東洋の陰陽5行説がベース】

●狼
 ・変わり者。人とは違うオリジナリティをいつも心がけている。
 ・生活の仕方、仕事の進め方にいたるまで自分の流儀がある。
  なので臨機応変が苦手。マイペースは崩さない。
 ・少ない言葉で本質をつく。
 ・ひとりの時間や空間が大切。一匹狼。あまり友人をつくろうとしない。
 ・単純作業は嫌いじゃない。
 ・なぜか車の運転がすき。
 ・動いているものを見るのがすき。
 ・個性豊かな発想家。
 ・初対面ではとっつきにくい感じがある。初めて会った人に対しては心を
  許さず、「狼の様子うかがい」をする。
 ・自分のペースを守れて落ち着ける空間があれば、自分にしかない独創的
  な仕事ができ、高い評価になる。
 ・恋愛に関しては相手のルックスや収入、社会的地位はいっさい気になら
  ない。いろいろな空想をして、恋に恋するタイプ。
 


②星座×血液型診断
 (http://matome.naver.jp/odai/2135632562260790801?page=3 より抜粋)

射手座 ✕ A型
A型の射手座は、相反する気質の為に、複雑ではありますが、程よくバランスがとれた場合には、有能なマルチ人間となります。


知性と理性の中に、スピード感と冒険心を兼ね備えて、人あたりも良く、楽しい人という印象でしょう。

ただ、飽きっぽさがネックになります、なにをしても中途半端にならないようにしましょう。

射手座のダイナミックな行動力や情熱的に一直線に突き進む性質は自由を求めてやみませんが、A型の理性がややブレーキになり、良い意味では常識をわきまえた行動派、という感じでしょう。

しかし、本当の自分はやはり、自由に羽ばたきたい欲求があるので、心の中では葛藤があります。

やや波乱にとんだ人生です。興味の対象が次々に変わり、チャレンジを繰り返し、晩年になってやっと落ち着きそうです。

失敗をしても、年月がたてば良き思い出とできる、思い切りの良さ、潔さがあります。

そんなサッパリとした性格にA型の気配りが混ざり、また、知性的でもあるので、周りから慕われることが多いでしょう。

弁護士や教師などに向きます。運動神経がいいのでプロの選手。また、海外にも縁があります。



③血液型診断
(http://www.asahi-net.or.jp/~MG3T-ICG/precision.htm より抜粋)

A型人間
  ○気配り型
  ○神経がこまやかで、人の気持ちを敏感に感じとる
  ○思いやりがある
  ○サービス精神旺盛
  ○争い事を避けるために自分を抑えがち
  ○慎重堅実で完全に納得しないと先へ進まない
  ○ハメをはずさない優等生タイプ
  ○潔癖
  ○きれい好き
  ○イザとなると肝がすわる
  ○何事にもケジメをきちんとつける
  ○持続性がある
  ○勤勉
  ○安全運転
A型人間のウラの性格
  ●外ヅラがよく内ヅラがわるい
  ●家で気に入らないとブーッとふくれる
  ●口うるさい
  ●欲求不満になりやすい
  ●突然怒り出す
  ●ハッキリ言ってネクラ
  ●木を見て森を見ない
  ●重箱の隅をつつきような批判をする
  ●ひとこと多く座をシラケさせる
  ●ヒステリック
  ●失恋をいつまでもクヨクヨ悩む
  ●未練がましい
  ●上に弱く下に強い
▽A型の血液型別相性診断
  A型の相手との相性
    「低迷」共通点が多いが、お互いに
    神経質なため、イラ立つこともある。
  B型の相手との相性
    「不調」相手の奔放さを羨ましく思うと
    同時に不安も感じる。なじみにくい。
  AB型の相手との相性
    「信頼」頼れる相手でよいアドバイスや
    協力を得られる。愛情関係も安定的。
  O型の相手との相性
    「依存」優しく見守ってくれる。甘えられ
    るが、細かいことを言うと対立。

④色診断
 (自身のまとめブログより抜粋)

 ●黄緑
 知覚力抜群。
 しばしば隠遁生活に入ることを選ぶ。しかし世捨て人と見られると怒る。
 同時に自分の優れた心構え、 姿勢が賞賛の的になることを願う。
 生まれつき気が小さいところが短所で、人前をいつも気にするので人と会
 うことを 苦手とする。
 また、この色を嫌う人には民族的、社会的偏見の持ち主がいる。宗教、肌
 の色、国籍を理由に人々を軽蔑する。



⑤誕生日でわかる適職判断
 ( http://www.message84.com/message/1987.12.8.html より抜粋)

 ●あなたの性格と運勢

 存在自体は地味ですが、どこか人とは違った、いぶし銀の風格があります。
 一般の常識とか既成の型にはまるのは好まず、反骨精神は強く、
 納得出来ないことには妥協しない生き方をします。
 それだけに下積みは長くなりますが、本物の実力をつけたとき、
 必ずや目的は達成できるでしょう。
 虚名を求めず、個性を生かして地味に生きるのが成功への道となります。
 意地っ張りで、口に毒があったりすると人に誤解されて損をしますよ。
 根は善良でまじめ、しかも義理堅いのですが、
 一本気で、本心を表現するのが下手なので損をしてしまいます。
 しかし、気に入った相手には面倒見もよく、それが運を開く鍵となるでしょう。
 他人の面倒は大いに見るほうがよい人生となるでしょう。


 ●その他の特徴

 あなたは、周りからよく頑固ねと言われるでしょう。
 意志が強く、大変な努力家でファイトもありますが、表面には出しません。
 しかしながら旺盛な独立心があります。人生をマイペースで歩むタイプですので、
 協調性の必要な会社勤めには向きません。
 指図や命令を極端に嫌いますが、表面には出さず、
 上司や目上の人であっても受け付けず、従いもしません。
 と言って反発するわけではなく、
 「ハイハイ」といいながらも結局は自分の思い通りに通してしまうタイプです。
 もともと人を当てにしない筋金入りの人なので、
 その場しのぎの心にもないお世辞を言ったりはできません。
 要領のよさとは無縁の世界で生きていますので、人生における長距離ランナーと捉えてください。
 下積みの苦しさに耐えた後、人を使う立場になるとあなた本来の力が発揮できます。
 今苦しいなという方は、乗り越えてくださいね。


 ●適 職

 人に尽くす仕事・・・保母さん・看護師・介護職など
 頭を下げられない性格なので宮仕えは不利でしょう。
 土地に縁が深いので、不動産業はよく、芸術・芸能もよいでしょう。


 ●あなたへのメッセージ

 あなたはどんな環境であれ、またどんなタイプの人でも合わせることが出来る順応性があります。
 慈悲の心も強いので、人へ与えるやさしさはかけがいのないものとなります。
 ただ小さいことが気にかかり、落ち込みやすくなることがあります。
 ポジティブになれるよう心の修行をしましょう。
 またあなたは、人を育てること・・教育に向いています。
 あなた自身が師と仰ぐ人によってあなたの運命は大きく変わる人でもありますので、
 思い込みや理屈ではなく人の本質を見抜く力を育てましょう。


-----------------------------------------------------------------------



どれもほんとに悔しくなるくらい当たっている。「あぁ、ぼくのことだ、、。」ってなる。



今振り返ってみると、子どもの頃好きだった動物占いの本なんかは、潜在意識レベルで
ぼくに影響を与えているような気がしている。
ひとり遊びが好きで、昔から変わり者っていわれると嬉しかったし、
人と違う自分が在ることが、"生きてる"って感じだった。


あと、黄緑。
小学校の頃にもらったクーピー(クレヨンみたいなもの)の黄緑を眺めるのがなぜか好きで(気持ち悪いな笑)、
今でも黄緑が使われた商品には自然と心惹かれるものがある。(下着とかも笑)
でも、色診断で他の色はメリットがいっぱいあるのに、黄緑はあんまり良い面がないのが辛い笑
それでもそんな残念な自分を「いいじゃん、知覚力抜群なんだから。」って愛してあげようと思えたり。(本当かどうかは謎だけど)
どんな面でもポジティブに捉えることが大事かな、とこの頃は思う。







つまるところ。

いろいろな性格判断の自分に当てはまる項目の中で
「これはいいな」と思えるところは、どんどんそこを伸ばしていけばいいし、「こんな自分はちょっと」って思うところは
そんな自分を少しずつでも変えていけばいいんだな、と思う。
A型ならA型の型にはまる必要なんて全然なくて、別にB型の良いところを身につけてやろう!みたいな気持ちで
生きても全然いいな、と思った。
良い面と悪い面の両面を与えてくれるのが性格判断のいいところだから、
それを理解した上で自分の成長に生かしていくのがきっと一番。


自分を理解できる大まかな枠を教えてくれるのが性格判断と捉え、
これからも自分らしくありのままで生きていきたいものですね。


最後に我ながら馬鹿な考えだなーと思うのだけれど、
神様が人間をつくるときにこういった血の型とか星座みたいなもので性格を形成するルールをつくったのかなー、
なんてこの記事を書いている間に思ったりした。









ところで、今日は台風接近中で岡山は一日雨模様。
日本のみんな無事で暮らせますように。

それではまた。

紅玉とスターフルーツとへべすでジャム 2013.10.23


kougyoku1023no1.jpg



もうリンゴの季節ですね。

勤め先の売り場には早生ふじ、ジョナゴールド、秋映りんご、ときりんご、と
様々なリンゴが「我こそは」と、輝きを放っています。
そんな中、一際真っ赤(というかどす黒い赤さ)で注目を集めるのが、
紅玉(こうぎょく)です。
このりんご、何を隠そう、甘みもあるけど酸味の強いリンゴでして、
料理に使うと絶品の品種。


先日つくったかぼちゃのジャムも最近ちょうど切れていたので、
今度は紅玉のジャムをつくろうと思い、4玉入り398円のものを購入しました。


kougyoku1023no2.jpg


でも、ただの紅玉のジャムじゃつまらないと思い↓



starfruit01.jpg

Ta-Dah!(じゃん!という意味です、、。)
これが何だかご存知でしょうか。



starfruit02.jpg


たまたまあるスーパーで見つけた沖縄県産の「スターフルーツ」でございます。
これがまたおもしろい果物でして、
まず見た目が名前の通り「星」!
そのまま縦にスライスしてサラダに入れたりして食べても可愛くて楽しいですね。
実際食べてみると、きゅうりに甘みを足したような感じでして、なんとも変わっている。

そんな変り種のフルーツ、ジャムにもできるとパッケージに表記されていたので
今回、紅玉とスターフルーツのジャムを作ってみることにしました。果たしてどんな味になるのやらー。


starfruit03.jpg





そしてそして、「ただのレモン汁じゃつまらねぇ!」と心の中でひっそりと思い、
今回ジャム作りに使用したのがこれ。



hebesu01.jpg




その名も「へべす」でございます。

同梱されていた資料を見ると、宮崎・日向生まれの酢ミカンだそうで、
名前の由来は平兵衛(ひらべえ?)さんという方が、これを庭で栽培していたからだそう。なるほどー。(?)


果汁だけでなく、果皮も薬味として利用できるそうで、どんな食品とも合う天然調味料なところが売り。

今回はジャムなので、果汁だけ搾って使わせていただくことにしました。(果皮ごめん。、)


これ、搾ってみるとわかるのですが、ほんとミカンの香り!
レモンとはまた違うジャパニーズ的な良さがありました。
そんなこんなで面白いジャムになりそうですね!(おそらく)




↓↓↓↓




--今回の材料-----------------------------------------------------------

・紅玉        4玉
 (今回購入したものは合計750g。皮と芯を取り除くと450gになった。)←切り方が下手
・スターフルーツ   1玉(150g。皮をむいて種を取り除くと100gになった。)
・グラニュー糖    330g(紅玉とスターフルーツの重量の60%としました。)
・へべす汁      大さじ2(1玉分)

----------------------------------------------------------------------




ringojamdukuri02.jpg



① リンゴは全て皮を剥き、いちょう切りにします。
  スターフルーツも(カクカクしてて、めんどくさいけど、落ち着いて)皮を剥き、薄めにスライス。
  へべすは搾るだけ。



ringojamdukuri03.jpg

② ①のものを全て深めの鍋に入れ、砂糖を入れ、鍋をゆすって全体にからむようにします。
   そのあと中火で煮込みます。
   りんごとスターフルーツの水分が出てくるまでは、蓋をななめにしてかぶせました。


③ あとはちょくちょくかき混ぜながら、煮詰めるだけです。
  果実を潰しても良いのですが、実を食べている感じの方が好きなので、そのままにしました。
  楽チン。






出来上がりがこちら。




ringojamdukuri04.jpg


かわいいですね。

作っている間も、りんごの香りはふわぁっとキッチンに広がり、ありがたやありがたや(?)なのですが、
ほんのりとミカンの香りもあって、なんだかとても幸せでした。
たまにはレモンじゃなくて、こういう国産かんきつを使ってみてもいいですね。





ringojamdukuri06.jpg


味はばっちり!酸味が効いた美味しいリンゴジャムでした。(スターフルーツの味は・・・)

でも!
スターフルーツの果実を口に入れると、ちゃんと存在を確かめられました。

どこかのホームページにも書いていましたが、びわ?みたいなテイストになりました。
もともと生で試食したとき、他の食材の味の邪魔をしないような感じだったので、
今回も堂々と主張してくるのではなく、ひっそりと「ココにいるよ。」と控えめに教えてくれるような感じがまたイイです。






思ったより量はできなかったものの、最近は毎日勉強と仕事ばかりだったので、
良い気分転換にもなりました。




ではまた。



【岡山の秘境】世界のぶどう園 2013.10.08


obaasannti1006no27.jpg

祖父母の家に別れを告げ、一行が向かったのは、岡山は川上町七地にある「世界のぶどうえん」。
以前新聞で「世界中のぶどうが一同に集まり、それをぶどう狩りできる!」みたいなことをあったので、
気になっていたのだ。



何度もガードレールのない細い道を通りながら、生きて帰られるのか心配になったりしたが、
家を出て1時間後なんとかこの看板を発見。(むっちゃダサい)



そして200m後に何も標識がなく、このあたりを30分ぐらい往復してようやくぶどう園を発見した。
(園の前にある看板のペイントが全て剥げていた。そりゃ見つからんわ)







さっそく車を降りて訪ねると、女性2人がいたので、
「ぶどう狩りしたいんですけど。」と尋ねると、「もう終わった。」と返事が。





でも、諦めることができず、見学だけでも!と頼み込んで、見学させてもらった。




それでは、ぼくが出会うことができたぶどうをご覧くださいませ。




obaasannti1006no28.jpg
obaasannti1006no29.jpg

見た目は悪いんだけど、メチャクチャ甘かった。



obaasannti1006no30.jpg
obaasannti1006no31.jpg


デラウェアみたいな甘ったるい甘さがあった。とても美味しいし、見た目も好き。






obaasannti1006no32.jpg
obaasannti1006no33.jpg
(え・・・?なんでこれだけ表示がダンボール・・・?)美味しかった。





obaasannti1006no34.jpg
obaasannti1006no35.jpg
スーパーでもたまに見かける品種。
今年は色づかなかったそうで、これはたくさん房が余っていた。
この色合いでも食べてみると美味しかった。



obaasannti1006no36.jpg
obaasannti1006no37.jpg

ブラジル多いなぁ、と思った。ぶどう大国なのだろうか。
こちらも良い味。比べてみると、やっぱり一品一品違った味を持っている。




obaasannti1006no38.jpg
obaasannti1006no39.jpg

日本の品種なのに、見たことがなかった。
巨峰と同じ味がした。





obaasannti1006no40.jpg
obaasannti1006no41.jpg

ラスボス級(ドラクエだったらゾーマの第2形態ぐらいでしょうか)の大きさに驚愕。
こんな大きなぶどうは初めて見た。





obaasannti1006no42.jpg
obaasannti1006no43.jpg

エキゾチック、だそうで。あまあまです。




obaasannti1006no44.jpg
obaasannti1006no47.jpg

帰ろうと思ったら、まだラスボスを超えるラスボスがいた。
こいつはやばい。しかも別名「甘太郎」って、、。


この品種は上の部分は全部摘んで、下だけ残して出荷するそうで、
なんとも面白いなぁと思った。






obaasannti1006no46.jpg
最後に旧約聖書に出てくるといわれる「ネヘレスコール」を見せてもらった。







終始中国人っぽい女性が一緒に付き添ってくれ、なんとタダで試食までさせてくれたことに感謝。

確かに残っているぶどうは数少なかったのだけど、大満足だった。

それにしても大きなぶどうばっかりで口が開きっぱなしだった。




来年行くことはないだろうけど(来年行きます!と挨拶して帰ったが)、素敵なところだった。
是非このブログ記事を見た方は行ってみてくださいませ。
毎年9月下旬ぐらいまでやっているそうです。




ではまたー。


備中高梁 / 祖父母の葡萄 / 大事な時間 2013.10.07


obaasannti1006no26.jpg



土・日と連休をいただいて、母の実家、岡山県高梁市にある備中町に親戚の人たちと一緒にいってきました。
上のススキは、祖父母の家の近くで撮影。秋ですねー。









obaasannti1006no1.jpg

約2時間かかって、無事到着。最初に目に飛び込んできたのは、防火水槽に浮かぶ一輪のハスの花だった。



obaasannti1006no2.jpg

雨に濡れると一段と美しいですね。


obaasannti1006no3.jpg

それから、久しぶりに祖父母に会い、少し遅い敬老の日のプレゼントを渡した。(クッションタイプのマッサージ機にした)、
そのあと皆で夜ご飯を食べた。焼肉なり。

うちのおばあちゃんはさすが田舎のおばあちゃんだけあって、
次々と食べきれない量のものを勧めてくるので、それを受け流すのが大変なんだけど、
それがやっぱり嬉しかったり。

あと、「かぞくみんなでごはん」ってやっぱりいいなぁ、って思った。
もちろん自宅でも母や父と食べるのだけど、祖父母や親戚の人と食べるご飯はまた特別。
すごく美味しかった。





その後、日ごろ仕事の忙しさを理由に手をなかなかつけられていなかったお勉強をしたり、
寝る前は布団にもぐって本を読んだりと、久々にちゃんと呼吸ができているように感じられた。
田舎の良さだなぁ、と改めて思う。


ぐっすりと眠った。




obaasannti1006no7.jpg

次の日の朝は6時ぐらいに起き(休みでも早起きなのは、きっとぼくの仕事のせい泣)、
さっそく今回の目的である葡萄の箱折りをした。

そう、何を隠そう我がおじいちゃんおばあちゃん、ぶどう農家なのです。



朝ごはんを挟み、2,3時間で上の写真ぐらいは折ることができた。
やっぱりみんなでやると早い早い。あっという間だった。




obaasannti1006no6.jpg

箱折りが終わったあとは自由な時間があったので、まずおじいちゃんの選果作業を見せてもらった。

大きなテーブルにたくさんのぶどうが並び、ひとつひとつ重さを量り、丁寧に梱包していた。



obaasannti1006no4.jpg

部屋の中、とてもいい香りが広がっていた。
子どもの頃から嗅いでいた香り。





obaasannti1006no5.jpg

おじいちゃん(イケメン)の手とぶどう。
いつもご苦労様。






obaasannti1006no9.jpg

選果作業を見守った(邪魔した)後、近くのぶどう畑を見学しに行くことにした。
ほんと近いので、森の中を歩いていく。
空気がやっぱり美味しかった。たくさん吸って歩幅も大きくなった。





obaasannti1006no8.jpg

家のすぐ傍に無人の寺もある。
よくここで修行した。(昇り降りの)







obaasannti1006no10.jpg

そして到着。ピオーネ畑。

周りに電流が流れる装置があったから、おそるおそる中に入ったが、
電流は流れていなかったそうで、何だか損した気分になった。





obaasannti1006no11.jpg
じゃん。祖父母自慢のニューピオーネでございまする。






obaasannti1006no12.jpg
もういっちょ。
美しいですね。





obaasannti1006no14.jpg

そして今年から新しく数種類の品種を作り始めたそうで、こちらがそのひとつ。
「マニキュア・フィンガー」。

指の形に似ているからたぶんこの名前だと思うんだけど、



obaasannti1006no13.jpg

個人的には若い女性の張りのある乳房のような美しさを想像しました。


皮ごと食べられるそうで、美味しかった!






obaasannti1006no15.jpg

こちらは岡山で大人気の種無し・皮ごと食べられる「瀬戸ジャイアンツ」。

作り始めて1年経たないので、まだまだ小粒だそう。

来年以降が楽しみ!




obaasannti1006no16.jpg

そしてこちらが近年人気上昇中の「オーロラ・ブラック」。
ピオーネと味は一緒のような感じなのだけど、実の張りがもっと硬くて、ぶどうに歯ごたえを求める方は
こちらが個人的にお勧め。
一粒一粒が宝石のように美しいですね。






obaasannti1006no22.jpg

ぶどう畑の傍に咲く花々を摘むおばあちゃん。

この後、花にたかる青虫を素手で殺していくシーンがあり、
さすが我が祖母・・・!!!と思ったりした。





obaasannti1006no21.jpg

アゲハチョウもこんにちは。





obaasannti1006no18.jpg

たくさんマリーゴールドが咲いていた。


obaasannti1006no19.jpg

マリーゴールドといえば、やっぱりこの燃えるような色合いが僕の中でほんとに輝いて見えるのだけど、

obaasannti1006no20.jpg

マクロ写真を撮って、やっぱりそう思った。
本当に燃えるような輝きを見せ咲き誇っている様は見ていて気持ちがいい。







obaasannti1006no23.jpg

名前忘れたけど、花が先に咲いて、葉が後で出てくる花だそう。
怖い。







obaasannti1006no24.jpg

更に怖かったのが、このツルムラサキ。
お化けのように巨大化していた。ほんとにこんな栽培方法なのだろうか、。、













その後、みんなで昼食におでんを食べて、あっという間にお別れの時間。
毎回おばあちゃんのおでんは卵が爆発しているのだけど、それがまた美味しい(?)。



おじいちゃん、おばあちゃん、
これからも元気でね。

いつもありがと。




※つづく。




やまもとひろき
gay / produce worker / 27years old / Okayama / music / books / vegetables / fruit
(同性愛にご理解のない方は、閲覧をご遠慮ください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。