スポンサーサイト --.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この頃 -英語 / 生活- 2014.04.29


goldenberries0426no3.jpg
(アジア系のスーパーで発見したゴールデンベリー。)




どうもです。
それなりに忙しくしております。

最近のことをまとめます。






kumato0426no1.jpg
(ブラウントマトの「くまと」)

①勉強

4月も終わりにさしかかりまして、今週の金曜日にはTOEIC公式テストがあります。

(※TOEICをよくご存知でない方はこちらの公式HPをごらんください。)
http://www.toeic.or.jp/toeic/about.html


4月の2週目からTOEIC専門の学校で今まで勉強してきているのですが、大変ですね。やっぱり。
毎日毎日模試のリスニングを聞いて、文法の勉強をして、長文を読んで、単語帳つくって単語覚えて。





fragnant-pear0428no1.jpg
(fragrant pears)


それでもそのおかげか、この一ヶ月で3回仮テストを受けたのですが徐々に点数が上がっていっております。
日常生活でも使える表現が少し増えてきたことを実感しております。



公式テストまであともう少しなので頑張ります。
(ちなみに学校に通うのは5月末までで、そのときにもう一度受験します。)





guava0428no3.jpg
(グァバ)


②日々の生活について

ようやくカナダでの生活のペースが掴めてきたような感じです。
朝は6時半までに起きて1時間ほど勉強してから朝食を食べて、ダウンタウンにある学校にバスで通っています。
学校は9時半から15時10分まで。それから自習を2時間ほどして、家に帰ってご飯つくって、お風呂入って、
単語の勉強して寝る、みたいな感じですかね。
もちろん息抜きの時間もあるのでご心配なく。(こっちのほうが長かったり?)

貴重な学生期間なので、無駄にしたくない気持ちはあります、やっぱり。
日本で貯めた高いお金も払っていますし。

ちなみに夜は12時には寝ます。良い子(?)なので。











photo.jpg

また、日本ではスーパーでのお買い物を毎日する方も多いと思うのですが、
こちらでも1週間分をまとめて買うのが普通なので、いつも週末にリチャードと一緒にウォルマートでお買い物をしています。
さすがに世界最大の小売業と謳われたウォルマート、安いです。

特に驚きなのが、おっきなアップルパイ(ぼくのこの世で一番好きな食べ物)が5ドルだということで、
毎週のように買っております。しかもたっぷりリンゴ入り。うー!
さらにさらにぼくの大好きなドライパイナップルがたくさん入って2ドルなのも見逃せません!こちらも、うー!

アップルパイ毎日ちょっとずつ食べるのが、今の幸せ。
糖尿病にはなりたくないですが。


料理に関しましては、みりんとか酒とか日本的な調味料も少しずつ買い揃えまして、やっと料理の幅も増えました。

ルームメイトのリチャードとはお互い気が向いた日は「自分がつくるよ。」と言って、
2人分の料理(と学校で食べるランチ)をこしらえることが多いです。楽な関係ですね。

一人で食べるより当たり前ですが、楽しいし、時間も節約できるのでとても助かっております。


あと、外国の家って多分なのだけど、どこもオーブンが大きいので、便利です。
おっきな耐熱皿に野菜をたっぷりのっけてグリルするだけで美味しいおかずが簡単にできちゃいますから。
先日はブラウントマトをスライスしてオリーブオイルと塩をかけていただきました。
甘すぎず酸っぱ過ぎずで、いくらでも食べられそうな感じのテイストでした。
いわば地味、されど普通のトマトばかり食べているとこういうトマトがとても新鮮に感じられて良いです。


学校が終わったら、少し時間もできるでしょうから、もっといろんな食材でいろんな料理をしたいと思っています。









ということで。
早く仕事がしたいなぁ、と思っています。できたらいいなぁ、と思います。

ではまた。







ウィスラーへ。 2014.04.19


20140418no1.jpg


どうもです。
今日はイースターデイという祝日。

ルームメイトで仲良しのリチャードに誘われ、
世界有数のスキーリゾート地として知られているウィスラーに観光で行くことになりました。
都市部から車で片道2時間程度。



20140418no3.jpg

道中にあったシャロンズウォーターフォールを撮りました。
間近で見ることができたのですが、圧巻でした。





20140418no2.jpg

写真からその迫力が伝わればよいのですが。
たくさんの観光客の方たちがいらっしゃいました。




20140418no4.jpg

滝を見ていつも思うのは、水しぶきが美しいということ。
水が飛び散る瞬間瞬間は、まさにアート。





20140418no8.jpg


ということで、ウィスラーに到着。
たくさん車が停めてあるのが見えるでしょうか。
そして寒い。
どこにもこの町に春はありませんでした。


そして人でいっぱいでした。






20140418no9.jpg

バンクーバーオリンピックの舞台にもなったみたいで、
五輪の大きなオブジェの前で記念撮影している人も多かったです。





20140418no7.jpg

腹ごしらえは、「ザ・オールド・スパゲティー・ファクトリー」で。




20140418no6.jpg


その後、アートギャラリーを訪れました。
(バンクーバーに来てこれで2つ目。外国はアートギャラリーが結構多いイメージがあるのでなにかと嬉しいです。)

特に印象的だったのは、写真を4枚ほど並べてそれを自然な感じに合体させているもの。
こういう表現方法もストーリー感が出せて素敵だなぁ、と思いました。











そして帰宅。
リチャードが運転している間、ヨダレを垂らしながら寝ていたのは内緒です。


勉強ばっかりの2週間だったので、良い気分転換となりました。
もう2週間経ったのかと、今すこしびっくりしております。
ではまた。


この頃 -Chetの写真を添えて- 2014.04.13


20140412no3.jpg

どうもです。
最近の出来事と思ったことをまとめます。

写真の犬は一緒に暮らしているChet(チェット)といいます。
足の怪我と、年からくる骨のズレで歩くのが辛そうです。

全く吠えない賢い犬という印象です。
写真からもそういう雰囲気を感じていただけるかと思います。


20140412no4.jpg


①学校

毎日知らないことだらけ。
自分は英語の文法的なところをこんなに無視して過去に勉強していたんだなぁ、と反省。
文法を制するものはTOEICを制するそうなので、頑張って覚えたいです。
あとすきま時間になるべく模擬のリスニングテストを反復して聴くようにしています。

満点とりたいです。




20140412no2.jpg

②野菜と果物

野菜と果物を見にいろいろとスーパーに行っているのですが、結局どのスーパーも品揃えは似通っていました。(当たり前だけど)
でも、やっぱりSafewayの陳列はすごいです。思い出すたびにワクワクするレベルです。
毎日寝る前に、Safewayで働けますように、とお祈りしながら寝る日々を送っています。

ちょっと残念だな、と思ったのは、りんごがニュージーランドで見たやつばかりだったことです。
カナダはカナダの品種を扱っているのだろうと勝手に思い込んでいたので、ちょっと拍子抜けでした。



20140412no5.jpg

③ファッション

バンクーバーで一番楽しいのは、人間ウォッチング。
みんなすごくファッションレベルが高いからなんですけど、
服と人がちゃんと調和しているような印象を受けることが多いです。
これはあまり日本にいたときは感じなかった感覚。

コートを着た男性なんてみんなモデルになれるんじゃないの?って思うくらい完璧なコーディネートで美しいし、
すごく綺麗な色のストールを首に巻いた白人女性や、蛍光色の靴を軽やかに履きこなしているアジアン系の女性もすばらしい。
カナダって、人種が入り混じりすぎてるから、それぞれのファッションを自然に尊重し合っているのかな、という印象を受けます。
以前行ったニュージーランドは、むしろファッションに関しては、特に気にしない人が多い印象があったので、今回すごく刺激になっています。

子どもから老人までみんな堂々と自分らしいファッションでストリートを歩いている姿に、うらやましさを覚えています。
自信に満ち溢れている姿が、本当に素敵!
そんな人たちに少しでもこの1年で近づけたらなと思っています。


20140412no1.jpg

④褒めること

カナダに来てよく思うのは、小さいことでも誰もがしっかり褒めていること。
「Thank you!」「you're nice!」とか、まぁそれだけなんだけど、
街中どこでもから聞こえるから気持ちがいいな、と思います。


カナダ人はおしゃべりが好きで、バスの中でも結構知らない人同士で喋っています。
そういう無駄な遠慮のない国民性があるのでしょうね。

こちらも見習いたいものです。





それではまた。


ダウンタウンの写真と学校のことを。 2014.04.09


20140406no1.jpg

街中で撮った写真と一緒に最近を振り返ります。





20140406no2.jpg

TOEICに特化した学校に今週から通っています。
2ヶ月間だけ学生です。


初日ではクラス分けのためのTOEICの模擬試験がありました。
初めて受けたのですが、時間が全然足らず最後のセクションなんかはたどり着きもせず白紙で提出。。
TOEICってこんなに難しいものだったんだなぁ、と実感しました。
時間との闘いだと思いました。



そして上級・中級・初級とクラスがあったのですが、中級クラスになりました。
1ヵ月後にもまたクラス分けテストがあるので、次は上級にいきます。
どうせやるなら満点取得して、自信につなげたいですから。






20140406no5.jpg

学校には日本人しかおらず、正直少し残念なのですが、
TOEICの点数を確実に取る!っていう目的の学校なので、それはそれでよいかと思っています。





20140406no6.jpg

行動範囲が狭いので、やっと迷うことがなくなりました笑

写真はぼくが通う学校があるwater street。
きれいなところです。
water streetには有名な蒸気が出る時計がありまして(ただ蒸気が出続けるだけなのだけど。。)、
皆さん写真を撮っていました。


20140406no4.jpg

Safewayという大型のスーパーがあるのですが、
陳列が本当にすばらしいです。
入ってびっくりしました。「こんなに綺麗にいけるのか!」って。

Safewayで働くことができたら本望です。

そのためにも今は英語の勉強に集中したいと思います。
まずはリスニングから!



ではまた。


2日目のことと3日目に撮った近所の風景を。 2014.04.06


sakuraincanada0405no2.jpg


バンクーバーに到着して、早くも3日目です。

今は雨がざあざあ降っています。
冬季は雨ばかりだそうで、まだ外は肌寒いので黒のPコートを愛用しています。(もう4月だけど)


現在、街中で桜が咲いているのですが、バンクーバーの桜はぼくが日本で見てきたものとはまた違うようです。
今回は今日、家の周りで撮った写真を載せます。

sakuraincanada0405no3.jpg

到着日の翌日のことを書きます。

朝からダウンタウンにあるエージェントのオフィスでオリエンテーションがあるということで、
バスに乗って向かったのですが、どこで降りれば良いか分からず適当な場所で降りてみたら見事に迷いました!!


余裕をもって家を出たのでフラフラと迷っていたのですが、
それから約束の時間が迫るにつれてさすがのぼくもじわじわと焦ります。
なぜか来週から行く学校が見つかってしまい、「行きたいのはここじゃねぇよ」とプンプン。
地図が読めない典型的なダメ人間が永遠と地図とにらめっこしていると見知らぬおじさんが「おい、君大丈夫か?」と聞いてくれて、
「これはあっちじゃないか?」と教えてくれました。おじさんが持っている地図までくれようとして、親切すぎました。
「サンキュー!」と言いました。


そしてその方向に行ってもまだ迷うので地図を見ながら走っていると、
また違うおじさんが声をかけてくれ、「これはあっちじゃないか?」とまた教えてもらいました。
「サンキュベリマッチ!」と言いました。


そしてそして結局まだ迷うので、バスを待っていたおじいさんに焦りながら「ここに行きたいんですけどッ!!!!」と言うと、
「あの通りにあるのは間違いないから見てみてくれ。」と丁寧に教えていただき、どうにか時間ギリギリに辿り着きました。
「サンキュソーソーマッチッッッッ!」と言いました。



sakuraincanada0405no1.jpg


それから同じ日に到着したある意味同期とも呼べる大切な二人と(しもちゃん(女)とゆーじ(男)。二人とも年下。)
銀行口座を開設しに行きました。
その帰りには近くのお店でフィッシュ&チップスをテイクアウトしたのですが、美味しくなかったです。全然美味しくなかったです。



その後、無事にオリエンテーションも終わり、まず携帯を契約しに行きました。
ニュージーランドで買ったSIMフリーのiPhone3GSがあるので、プリペイドカードを買えばいいや、と思っていたのですが、
カナダではプリペイドよりも契約のほうがいいみたいで、結局月額$39のものを契約しました。
それでも本体は買わずSIMカードを買うだけになったので、$10で済みました。SIMフリー万歳!助かります。


それからエージェントのお姉さんに教えてもらった
ダウンタウンにあるアジアンスーパーマーケットに行ってみました。(迷わずに!)
初めてのカナダのスーパーマーケットに「あぁ、外国だなぁ。」と思いました。
商品が、ドガッ、と積まれ、レジにはベルトコンベアーがあって、商品を袋に詰める役の人がいて。

結局、手持ちのお金が70ドルしかないので(これじゃ生きられないほど極貧ですが)、
りんご1つ(Gala apple)とカットサラダを買いました。




そうして帰りのバス停も見つからず、ムスッ!として歩いていると、
ちょうどエージェントのお姉さんとすれ違って声をかけてくれ、わざわざバス停まで案内してくださいました。
その親切さから、この方は神かと思いました。本当にありがとうございました。




20140405no1.jpg
(近所。バンクーバーは坂ばかりです。)


バスに乗り込み、運転手さんに「ぼくの家がここなので、ここらへんに来たら教えてもらえませんか?」と
おどおどしながら尋ねると、「Are you Japanese?」と聞かれたので、そうだと答えると、
運転手のおじちゃんが日本語をペラペラ喋りだすので驚き。
1年間大阪と東京で暮らしていたそうで、日本人の奥さんもいらっしゃるそうで、居酒屋が好きなとても気さくな人でした。
道に迷って半べそ状態の自分にとっては、こういう人の存在が本当に有難かったです。

そうして家にようやく戻って、ご飯を炊いて
お昼に残したフィッシュ&チップス(美味しくない)を孤独感とともにたいらげました。


2日目はたくさんの優しい人に出合い、助けられた日となりました。


20140405no2.jpg


3日目の今日は時差のせいか疲れていたのか朝の9時ごろに起きて、それから
リチャードがウォルマートなどに行くので一緒に連れて行ってもらいました。

お金がないのであまり今は買えないのですが、
買い物をしないと死んでしまうので、購入! 残金ほぼ$4となりました。死んじゃいますね。

それでもルームメイトのリチャードが「この醤油とかハチミツ使わないから使っていいよ。」と
とても優しいので、なんとか食べていけております。






道が複雑でぜんぜん分からないし、孤独感ももちろんあるのですが、
どの国にも優しい人がいて助け合える場があるのだと思うと、
まだまだ頑張れそうです。



ではまた。



さようならとありがとうといってきますとはじめまして。 2014.04.04



4月3日。




約3年前、ぼくは1年間暮らしたニュージーランドから故郷の岡山に帰ってきました。
そのときいくつか目標を立てました。


野菜ソムリエの資格をとること、本を誰よりたくさん読むこと、人格を向上させること、
そしてカナダに1年間行くための資金を貯めること。


約3年もかかったのは、正社員にならずダブルワークという道を選んだことも大きいのですが
(どうせ最初から辞めるつもりで勤めると考えると正社員の道を選べなかった)、
何よりたくさん本を読みたかったことが大きいと思っています。


ニュージーランドで暮らしていたころ、ぼくは全然本を読みませんでした。
もちろん日本の本がなかったことも大きいのですが、日本語にそんなに興味がなかったから。

でも日本に帰ってきて、「日本語ってすごくきれいなんだなぁ」と妙に感じてしまい、
無性にたくさんの本が読みたくなったのでした。

そして、この約3年で200冊くらいは読むことができました。
(もちろん短い本もあるし、数ではなく質が大事なのだけれど。)

自助論という本には「読書はたんなる知的たしなみでしかない。」と書かれています。
はっきり言って本当にそうで、いわば外に出てお金を使わないように、お金を貯めるために家にこもる暇つぶしの手段の一つでした。
それでも、有益なところがたくさんあって、ぼくの内側が少しずつきれいになっているのを読みながら感じていました。

どの本だったか忘れたのですが、絵國香織さんも20代のころ、人間と触れ合うよりも、
本とか映画とかに傾倒しすぎていた頃があった、と書いていらっしゃったので、
「あぁ、そういう時期があってもよいか」と勝手に思い、自分もそうしたのでありました。






そうして満足できるほど本を読んで、野菜ソムリエの資格も無事とって、
お金もどうにか貯めて、無事に4月3日に日本を発つことができました。





目的地はバンクーバー。


「なぜバンクーバーなの?」と行く前よく聞かれたのですが、
別にあまり深く考えたことはなくて、ただ同性愛に寛容な国だったりして、住みやすそう、っていう単純な理由からです。
あと、ニュージーランドが南半球だったから、今度は北半球に行ってみようと思いました。




職場の同僚のみんなや、学生時代の友達も行く前にはお祝いをしてくれて、
人ってあったかいんだなぁ、と改めて思いました。
たくさんプレゼントもいただきまして、本当にうれしかったです。







そんなあたたかさに包まれて、4月3日、岡山空港から発ちました。




airplane01.jpg

今回のフライトは、まぁ大変で

「岡山」----「上海」----「ロサンゼルス」----「バンクーバー」

という流れ。
なんと待ち時間合わせ合計23時間40分。
一番安い航空券を買ったので仕方がなかったのです。



上海までは約2時間の旅でした。

今まで岡山空港を利用したことがなかったのですが、かわいい空港でした。
母に見送ってもらいました。
服をかなり着重ねしていたので、暑かったです。

岡山空港の次に上海の空港を見ると、ちょっとカルチャーショックというか、上海の空港は規模が違いました。



空港チケットに記載されている搭乗口が本来の搭乗口と違うというハプニングもありましたが(よくあるそう)、
なんとか飛行機に乗れ、次はロサンゼルスへ。


ここの12時間のフライトがしんどかったです。
機内が暗くなっても、おばちゃんたちが中国語でペラペラ喋ってるし、
赤ちゃんめっちゃ自由にハイハイし回ってるし(なぜかぼくのスリッパを知らぬ間に移動された)、
子どもがすごい咳こんでるしで、なかなか寝ることもできなかったです。
あと、エコノミー症候群だけは避けたかったので、何度も機内のトイレでストレッチをしました。



そんなこんなで、でもロサンゼルスに無事着きました。


airplane02.jpg


ここでは岡山空港で預けたバックを回収して、再度チェックインしなければならず、
けっこう時間をとられたのですが、出発までに4時間くらいあったので、クリア。

前までは中国東方航空を利用していたのですが、ここでアラスカ航空に切り替えで、
バッグの重量やサイズの規定も変わるのかと思い心配していたのですが、
(事前にネットでチェックすると1つ目からお金を取るようになっていた)
そのまま通してくれました。ラッキー。

ロサンゼルス空港ももちろん大きいので、途中インフォメーションのおばあちゃんに
「アラスカ航空のところに行きたいんだけど」と聞いたら丁寧に案内してくれたのだけど、
ぼくはなぜかおばあちゃんに「Thanks, sir.」と最後に言ってしまって申し訳なかったです。
ほんと恥ずかしいです。



そして無事ゲートに着き、飛行機の待ち時間の間に映画「リトル・ダンサー」をiPadで見ていたのですが、
3回泣いてしまって、こちらも恥ずかしかったです。すばらしい映画ですね。改めてそう思いました。




そうしてロスを発ち、やっとの思いでバンクーバーに。

airplane03.jpg

到着すると、雨がざあざあ降っていました。


とりあえず、今までの「ちゃんと飛行機乗り継げるかなぁ」という緊張がやっと消えた気がして、ほっとしました。

そして移民局に行き、無事ビザもいただきました。(めっちゃ人が並んでいて1時間くらい待ったけど)
預けたバッグも無事に届いていました。(ダサいシールを貼っていたので、一目瞭然。すぐに見つかりました。)






なんだかんだで、フライトで何が一番辛かったかというと、歯ブラシを手持ちバッグに入れてなかったことでしょうか。
途中から、歯を磨きたい気持ちでいっぱいでした笑 口が臭うんじゃないかと、気が気でなりませんでした笑








そしてそして、無事にシェアハウスに到着。
日本にいる間にネットで探していたので、正直不安もあったのですが、
もらっていた写真どおりの家で安心しました。

カナダ初めてのご飯はテイクアウトの寿司でした。めっちゃ日本(笑)。
美味しかったです。

















日本にいる間お世話になった方々、本当にありがとうございました。
いちいち「行ってきます」というのは恥ずかしいので、今回は友達の皆さんにメールでお知らせなどはしませんでした。
なのでこの場で、無事に着いたことの報告をさせていただきます


そして、良ろしければ、これからもどうぞよろしくお願い致します。
山本、がんばりますので。


とりあえず時差のせいか、朝早くに起きてしまったのでここまでを纏めておきます。
家のことはまたの機会にでも紹介できればと思います。


ではまた。
(そういえば、なぜか年金手帳がバックに入っていて、軽くショックを受けました。まったく要らない、、。)



岡山市南区妹尾ふるさとさくら祭り 2014.04.02


senoosakura0401no3.jpg


4月1日。
新年度も始まりまして、岡山の桜もたくさん咲き始めております。

今日はいつも行く岡山市南区妹尾(田舎)にあります桜並木道に足を運びました。




senoosakura0401no1.jpg

ご覧のとおり見事に咲いておりました!







senoosakura0401no2.jpg

とても狭くて小さい並木道なのですが、十分満足感がありました。






senoosakura0401no4.jpg

お昼ごろに行ったのですが、シートを敷いて遊んでいる人たちや
椅子に座ってご飯を食べながら桜を眺めている人もいて、桜のおかげで幸せが溢れていて、とても居心地の良い空間でした。






senoosakura0401no5.jpg


ちなみにぼくは何も食べずにじっと桜を見るほうが好きです。
なんかこう、生命力っていうか、新年度を祝うような明るさを感じられますよね。(ね?)

それでいて桜色はすごく優しいから、こんなに愛されるのでしょうね。
桜みたいな人間(?)になりたいものです。




とても良い気分転換になりました。

それではまた。



やまもとひろき
gay / produce worker / 27years old / Okayama / music / books / vegetables / fruit
(同性愛にご理解のない方は、閲覧をご遠慮ください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。