スポンサーサイト --.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の思想徒然 26/05/2014 2014.05.26


01fbfaf45ed6120ef353cc3c3cd1cf116003ea8c6e.jpg
(ゲイストリートのデイビー。日本でいう新宿2丁目的な(?))

お久しぶりです。
最近思うことをまとめます。



①洋服

バンクーバーに来てから、とってもお洒落な人たちを見る機会が本当に増えました。

なんといえばいいか。単に見事だな、と思います。
「俺、私を見て!」みたいな主張がちゃんとあって。着ている服にちゃんとメッセージがある、というか。
おそらく彼らの内側の自信から来る部分もファッションに大きく影響しているのでしょうね。

それが素敵ですし、勝てないなぁ、と思います。



でも、日本人らしい美しさは、当たり前ですが日本人しか持っていないわけで。
そんなわけで、日本人らしい日本人にしかできないようなファッションがいつかできたらいいなぁ、と最近よく思っています。
(とはいっても、バンクーバーにはぼくに合うサイズの服が全然売ってないのですが。)


田舎者のたわ言です笑




0171a4dc3a4e310686ab0e5298987e0a5a88c4a31c.jpg
(デイビーストリートのバス乗り場だけショッキングピンク。)


②同性愛について

写真のデイビーストリートを歩いていると、「あ、この人ゲイ。あ、あの人も。」みたいな感じでおもしろいです。
岡山ではこんなことはなかったので、ちょっとドキドキしたりもしちゃったり。(要らない心配)
ぼくは東京にも行ったことがないので、なおさら田舎者感丸出しで、「ほぇー!ほぇー!」って言いながら歩いています笑


バンクーバーは本当に日本とはケタ違いに同性愛に寛容な都市だなと感じています。
同じ時代を生きているのに、この違いはスゴイです。
ニュージーランドにいたときよりも、もっと感じています。
そして日本の同性愛の認識面はまるで石器時代のように感じてしまいます。


日本の不必要な保守的な面はいつになったら無くなるのでしょうね。
たとえば性教育についてだったり。重要なものをオブラートに隠したがるというか。
国民性という一言で片付けてしまえるものなのでしょうか。
こんな場で批判してもしょうがないのですが。

自分と違った人間を認め合える心を持てないのはとっても悲しいことですね。
なんとなく、ぼくが生きている間には日本はそんなに変わらないような気がしていまして、残念です。
なにか自分にできることはないかと思惑中です。
だって、みんなが暮らしやすい国がいいもの。誰だって。
不必要な嘘がない世の中がやっぱりいいですね。





01e006125486a8780b52234786929a25d64fd09991.jpg
(デイビーストリートの横断歩道だけ虹色。虹色は人間の多様性を表しています。)

③英語

相変わらずTOEIC専門の学校に通っております。
以前受けた初めてのテストの結果は835点でした。
目標は900点以上だったので、ため息。
今週末に最後の公式テストがあるので、もう少し頑張りたいです。



そして早いもので2ヶ月。学校も公式テストが終われば卒業です。

バンクーバーに来て1ヶ月目くらいのときは、学校を卒業したら仕事先を見つけようと思っていたのですが、
ここ最近になって、また別の学校に通おうか迷っています。

なぜかというと、以前ニュージーランドのスーパーで働いていたときにも同じ気持ちになったからなんです。
仕事しながら、「もっと英語が使える状態で仕事ができたら、もっとうまく仕事ができるのに!」っていうやるせない気持ち。

今のままだと、もし良い条件の仕事が見つかったとしても、また同じ気持ちを抱きながら仕事をしてしまいそうで、
怖いのです。仕事を始めたら仕事だけしたい気持ちもあります。
なので、ビジネスイングリッシュ、つまり仕事上で使う英語のスキルを高めた上で
仕事を始めることができれば、自分で納得できるのではないか、という結論に至ったわけで。


でもまだ現在考え中なので、なんとも言えません。
お金持ちでもないので、財布さまと相談しながら。(ほんとに要相談!笑)




あと。

学校ではほとんどスピーキングの練習はしていないのですが、
前より少し喋れるようになっているなぁ、上達しているなぁ、とこの頃感じています。

これは、ぼくにとってやっぱり一番嬉しいことです。
いくらTOEICの点数高くても、英語を喋ることのできない人もたくさんいるわけで、
発音が悪い人もたくさんいるわけで。

やっぱりどうせ英語を学んでいるんなら、流暢に話せたらいいなぁと思います。
ぼくの夢のひとつ。(だってカッコいいもの笑)
いろんな人に出合って、いろんな英語を聴いて、早く早く英語が上達すればいいなぁと思います。




道は遠いけど、不可能ではないはずなので頑張りますー。







最後に。
バンクーバー、雨の降る日はまだ冬みたいな寒さを感じてしまいます。
寒がりなだけなんですけど(脂肪がない)、
早く日本の皆さんみたいに半袖半ズボンで過ごしたいですね。



ではまた。

はじめてのTOEICとクラスメイトと一緒に集合写真。 2014.05.05


20140418no5.jpg


先週の金曜日、TOEICの公式試験がありました。
はじめてのTOEIC。

試験当日は緊張のためか朝早くに目が覚めてしまったので少し朝に勉強をして
通常の時間に学校に行きました。






goldenberry0429no1.jpg
(ケープグーズベリーは蜂蜜煮にしました。)


結論からいうと、
個人的には全力で臨めたなと思います。
出せる力は全部出したというか。

リスニングパートはいつもどおりというか、何を言っているのか訳分からないものもあったり、
見事に重要な部分を聞き逃すことも多く、まだまだ勉強不足だな、と思いました。

そしてリーディングパート。
今まで3回、模試という形で同じような試験を受けてきたのですが、
一度も時間内に全問題を解き終えたことがなかったんです。文法問題に時間がかかりすぎて。

でも今回本番ではじめて全問題に目を通し、解答することができました。
(もちろんパッパッ解いていったので、間違いも多いのだろうけど)
これは自分で自分を褒めてあげたいと思いました。
あっ、成長してるな、と。






ということで、まずは1回目の公式テストがどうにかこうにか終わりました。
試験後は、フリーのピザをいただき、学校生徒全体バージョンとクラスメイトの方たちと一緒バージョンの写真を撮ってもらいました。

classmate.jpg
(クラスメイトと一緒に)

改めて見るとぼくのおかま感がすごくて、なんか場の雰囲気を崩してしまって申し訳ないのですが。
(せめて内股を直せばよかった)

ちなみにこの格好でスターバックスに行ったら白人のお姉さんに「あなたのスカーフ素敵ね!」って言われました。
ありがたやです。皆さん褒めるのが上手。


後ろにいるジャパニーズビューティー(みんな美人)の皆さんは今月で卒業だったので、寂しい限りです。
みんなとっても素敵な方たちでした。



その後、クラスメイトの皆と一緒にキャプテンアメリカ(ださかっこおもしろい)を映画館で見まして、レストランでご飯を食べて、
いろいろとお話などをしましてお別れをしました。







来月からもっと気合を入れて頑張らないとなぁ、と思います。

それではまた。





やまもとひろき
gay / produce worker / 27years old / Okayama / music / books / vegetables / fruit
(同性愛にご理解のない方は、閲覧をご遠慮ください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。