スポンサーサイト --.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UBCの生物多様性博物館へ。 / To Beaty Biodiversity Museum at UBC 2014.11.19


ubcbiomuseum1118no5.jpg
(バス停で待っていたら隣が鳥おじさんだったため、カラスが集まってきた)

バンクーバー、ここのところ晴れが続いておりまして。(明日ぐらいからずっと雨の予報なので憂鬱ですが)
先週の日曜日にヴィニーとUBC大学内にある生物多様性博物館というところへ行ってきました。



ubcbiomuseum1118no1.jpg
(おいしいね。)

ほんとうはUBC大学内にある新渡戸稲造記念館にもう一度行くつもりでUBC大学に向かったのですが、
たどり着くとなんと営業(?)時間が変わっており閉まっておりまして、このたび前から行きたかった生物多様性博物館というところに行くことになったのでありました。



ubcbiomuseum1118no4.jpg

最初の「BEATY(ビーティー)」を「BEAUTY(ビューティー)」と読み間違えて、「どんな美しいものが待っているのだろうか」と思いましたが、ヴィニーに馬鹿にされました。



ubcbiomuseum1118no6.jpg
(入ってすぐ目に入る青鯨の偉大なこと。33匹の大人のゾウさん(下ネタじゃなくて)と同じ重量だそうです。)


調べてみると2010 年 5 月 13 日に開館した新しい施設だそうで、世界中の 200 万を超える生物の標本が展示されているそうです。


ubcbiomuseum1118no19.jpg


外から見た博物館はたいして大きくないのですが、実は地下に広がる異様に巨大な博物館なのでありました。




以下は個人的に印象に残ったものを抜粋。


ubcbiomuseum1118no7.jpg

右の鳥はそこらへんでよく見ますが、普段は泳がないのです。(たぶん)
でも、足を見ると水かきが。泳げるようになってますよね。
スタッフの方の説明によると、ある地域では今もちゃんと泳いでいるようなのですが、バンクーバーで見る彼らは地上に慣れすぎたようで泳がないとのこと。おもしろいですね。



ubcbiomuseum1118no9.jpg

何の骨だったか忘れた・・・・のですが、歯の成り方!おもしろくないですか。
先にちょこっと歯があって、その奥に人間みたいに歯が並んでいます。




ubcbiomuseum1118no8.jpg

ぺっしゃんこになったワニさん。怖い。




ubcbiomuseum1118no14.jpg

なんと日本の焼きすしのりさんが博物館入りされていました。
特別なバクテリアが焼きすしのりさんの中で生きているらしいです。



ubcbiomuseum1118no18.jpg

3種類の鮫の歯。
スタッフの方が突然寄ってきたので、「英語聞き取れないので結構です。」と断ったにもかかわらず、「まぁええがな、ええがな。」と強行突破してお話を聞かされたのですが、おもしろかったです。大人しく聞いてよかった。
鮫の歯って内側にもめちゃくちゃあって、歯が無くなったとしても次の歯が何度も生えるそうです。
なので鮫さんは一生歯がなくならないそうです。



ubcbiomuseum1118no13.jpg

真ん中の線で温帯(左)と熱帯(右)の海の中のものを区切って展示しているのですが、熱帯の見事な色どり!
なんで熱帯の海の中はこんなにも鮮やかで美しくなるのかは謎なのですが、「ハッ」としたのでありました。



ubcbiomuseum1118no12.jpg

巻貝の魚の殺し方がおもしろいです。
チュッ!ってして、ウーッ!です。




ubcbiomuseum1118no10.jpg

子どもが楽しめるようなアクティビティーがいくつも用意されていたのですが、なんと折り紙が!
日本人の血が騒ぐということで、嫌がるヴィニーを無理やり座らして(アート嫌い)日本を代表する「鶴」の折り方を伝授したのでありました。


ubcbiomuseum1118no11.jpg

まったく違うものができまして、そういえば折り紙が子どもの頃死ぬほど嫌いだったことを思い出したのでありました。



ubcbiomuseum1118no15.jpg

「海はあなたにとって何!?」というものがあったので、興味深く拝見。

ubcbiomuseum1118no17.jpg

意味を汲み取ろうと必死になったわけですが、きっとあの人間は海の中の悪いばい菌と闘っているのだろうと思いました。

ubcbiomuseum1118no16.jpg

「神のツクリモノ。」
そのとおりですね。





ということで、動物の標本に、数々の苔、ビンの中のお魚を眺めたりするのに3時間ほどかかってしまったのでありました。
でもこれで入館料12ドルはとってもリーズナブル。
いろいろと気付かされるものがあって、ためになりました。



それではまた。


パンプキン・パレードへ。 / To Pumpkin Parade 2014.11.03


pumpkinparade1101no2.jpg

どうもです。
昨夜はぼくがよくいくプールと図書館の近くで行われたパンプキンパレードなるものに、
同じくバーナビーに住むNさんをお誘いして行ってまいりました。




まずパンプキンパレードとは何かというと、ハロウィンが終わった11月1日にそれぞれが要らなくなったパンプキンを持ち寄っていっしょに出来を鑑賞しませんか?というもの。

少しショボいパレードかもと思って、事前にNさんをお迎えに(バス停前に)あがる前にチラッと様子を見たのですが、
想像以上のショボさに唖然。
でも実際Nさんと合流してパレード会場(ただの公園の隅)に行くと、下の写真のような良い具合になっていました。



pumpkinparade1101no1.jpg

どうやら事前に見たときはまだ周りが明るかったことが原因のようで。
到着したころには頃合に暗くなっていて、かぼちゃの明かりが心地よかったのでありました。
さらにかぼちゃの甘い香りもふんわりと漂っていて、なんだか夢見心地。

以下テキトーに撮った写真が続きます。

IMG_3433.jpg

IMG_3432.jpg

IMG_3431.jpg

IMG_3429.jpg

IMG_3428.jpg

IMG_3426.jpg

IMG_3420.jpg

IMG_3412.jpg

IMG_3405.jpg

IMG_3397.jpg

IMG_3395.jpg

IMG_3391.jpg

IMG_3393.jpg

IMG_3388.jpg


IMG_3383.jpg

IMG_3381.jpg

IMG_3380.jpg

IMG_3378.jpg

IMG_3377.jpg

IMG_3375.jpg

IMG_3363.jpg

IMG_3362.jpg

IMG_3357.jpg

IMG_3355.jpg

IMG_3361.jpg

IMG_3345.jpg

こんな感じに公園の隅に全部で70個くらいのかぼちゃが並びまして、ひとつひとつ見ていると実はけっこう楽しいものなのでした。
特にぼくはランタンをつくったことがなかったので、みんな普通の顔を彫っているんだろうなぁ、なんて思っていたら、スパイダーマンはいるわチャッキーはいるわ妖精はいるわで、何でもありでした。アートの世界でした。



そんなワンダーランドの中でもぼくのベストがこちら。(勝手に順位付けしてすいません)








IMG_3387.jpg

なんと2つのかぼちゃで1つの作品なのでありました。
左には「Welcome blind 3 mice(目の見えない3匹のねずみさんいらっしゃい)」と彫られておられまして、部屋の入り口になんとネズミ捕りのサービス。
右のかぼちゃには目をバツにした3匹のねずみが手をつないで向かっているのであります。

とってもスマートなものを見て、とても気分が良くなったのでありました。






IMG_3437.jpg

そしてかぼちゃアートを堪能したあとは近くのラーメン屋デートで人生を語り、おひらき。


やっぱりラーメン、いいですね。
ぼくのお気に入りの来来亭の味が懐かしくなりもしました。
日本に帰ったらまず食べたいもののひとつであります。





それではまた。



グランヴィル・アイランドへ。 / To Granville Island 2014.11.03


granvilleisland1101no7.jpg

どうもです。超簡単にまとめておきます。

昨日のバンクーバーは久々の快晴でありまして、これはチャンスと思いグランヴィルアイランドのパブリックマーケットに行ってきました。(ほんとに最近雨ばっかりで。。)
なぜかというと、そこに最先端(?)の野菜と果物が必ずあるからなのです。ふふふ。

上の写真はパブリックマーケットにあるとあるお店。いつもベリー系がきれいに陳列されています。
(黄色いのはゴールデンベリーです。)

でももうバンクーバーで採れるイチゴやブルーベリーは終わっているので、おそらくそんなに美味しくないカリフォルニア産だと思われます。


granvilleisland1101no5.jpg

新しいオーガニックの青果店もできていました。陳列がキュート。



granvilleisland1101no6.jpg

土臭い感じが良いですね。野菜には黒板がやっぱりよく似合うなぁと思いました。







ということで、ゴツゴツしたライムだったり、甘いライムだったり、シューガキングと呼ばれる竹みたいな果物(?)だったり、
今まで買ったことのない野菜果物を8つほど買ってその場を後にしたのでした。
それらの写真はまたfacebookにポストします。
(↓ぼくのfacebookページはこちら。ぜひお友達になりませう。)
https://www.facebook.com/hiroki.yamamoto.372019






それではまた。



やまもとひろき
gay / produce worker / 27years old / Okayama / music / books / vegetables / fruit
(同性愛にご理解のない方は、閲覧をご遠慮ください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。