スポンサーサイト --.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3と4と残り時間。 / 3, 4 and remaining time 2015.01.21


どうもです。
ぼくがトマトについて書いた3つ目の記事が去年の12月30日に出ました。

tomatokizi.jpg


トマトについて言いたいことがありすぎて「少し量が多すぎるかな。。」と思いつつも、自分的にはかなりボリュームを減らして最終的に寄稿。それでも「タイトなジーンズにねじ込むわたしという戦うバディ」状態だったので、軽く読むということができない記事になってしまい、結果として、「内容はよかったけど、読みづらかった。(フォントスタイル含め)」というコメントをお客様からいただきました。

でもそのありがたいお言葉のおかげで「あぁ、やっぱりこの記事のボリューム感は自己満足だったんだなぁ。」と気付けたんです。

「ぼくがトマトについて言いたいのはコレとコレとコレとコレで・・・!!」って猛烈な勢いでたくさん伝えようとしても、トマトにあんまり興味がなかった人には「え???」みたいになっちゃうんですよね、きっと。
(自称)ライター側と読者さま側の温度差とでもいいましょうか。

なので、もっとたくさんの人が気軽に見られるようなスッキリした読みやすい記事を書きたいな、と反省したのでありました。


younashikizi.jpg

そして読みやすさを一番に意識して書いた4つ目の記事「洋梨」が1月16日にホームページ上で発表されました。


この記事は多くの方たちに「読みやすくなった。」と言っていただけて、やっぱり嬉しかったです。
あと「読んだよー!」とコメントもいただけて、「こんな記事でも見てくれる人がいるんだなぁ。」と分かってすごく安心しました。



でも、ぼく自身は記事を書くことですごく勉強になっていてハッピーだとしても、その記事が多くの人に受け入れられるかどうかはまた別の問題なんだな、と最近よく感じていました。

以前の「ジャーサラダ」の記事は、ちょうど流行りにうまくのっかることができてヒットしたのでしょうし、
はじめて書いた「りんご」の記事は、お友達がぼくの初記事ということでフェイスブックでかなりシェアしてくださったから、たくさんのLikeをいただくことができたんだと思います。

事実、トマトと洋梨の記事はフェイスブックのLike数だけで捉えるならば、りんごの記事の約1/3。しかもこのLikeたちはきっとぼくのお友達やお知り合いの方ばかりになっていると思うので、ぼくのことを知らない人で、記事を見て「おっ、いいじゃん!」って思っている方は、もしかしたらそんなにいないのかもしれません。つまりショボーン状態。
しかも「どの記事も同じような感じなので、読者の方にも飽きが来るかも。」という神のメッセージをいただき、悲しいけど超超納得したのでありました。



だ!か!ら!


「もっと頑張れ、今の私。」と最近よく思うわけです。
「もっといい記事を書きたいな。」と。
もっと推敲された文章で、もっとたくさんの人に見てもらえる、もっとたくさんの人が幸せになれる、そんなもっともっとハッピッピーな記事を。ぼくのことを知らない人でもシェアしたくなるような、そんな有益な記事が書きたいとこの頃心底思います。


sky_00002.jpg
(拾ってきた無料素材がめっちゃ小さかった。)

ワーキングホリデーのビザって、天国であり地獄でもあるとこの頃思ったりします。自分の好きなことができる1年間のビザ。でもきっかり1年間だけ。ビザが残り少なくなって、こんな貴重で最高な体験ができる日々も終わりが見えてきているのだから、やれるとこは全部やれるうちにやってみたいです。悔いのないようにしたいし、チャンスを逃したくないと思います。
だから今まで以上にこれからは時間を大切にして生きたいと思う今日この頃なのであります。


がんばりまっしょい。



それではまた。




マクロビオティックのワークショップへ。 / To Macrobiotique workshop 2015.01.12


macrobiotiquie0111no1.jpg

1月11日、ダウンタウンで「マクロビオティックを始めると夢が叶う!”ってほんまでっか?」というワークショップがあったので、参加してまいりました。

講師のサニー先生は以前フェイスブック上でお友達になっていただいた方だったのですが、実際目の前にすると、とても美人さんでめっちゃステキな方でした。バンクーバーにいる方ってみんなキラキラしててスゴイなぁと改めて思います。
(※サニーさんは以前ライフバンクーバーの記事にも登場されていました。)
http://lifevancouver.jp/2014/05/beauty/20612.html


13時30分スタートということで、12時30分ぐらいに家を出てバスを待っていたのですが、予定時間になってもバスが来ない。。。結局8分ぐらい遅れてバスが来ました。元々けっこうギリギリに家を出たので、時間に間に合うか心配だったのですが、開始10分前ぐらい無事たどり着きました。セーフ。

そして会場をチラ見するとそこに居たのはなんと全員女性。想定外。

「・・・おかま一人で大丈夫かな?」

と思ったのですが、後にもう一人男性が来て、ホッとしました。おかまじゃなかったから結局ぼっち



IMG_0615.jpg
(昔撮った写真)

今回、マクロビオティックについて予備知識ゼロの状態での参加だったので不安だらけだったのですが、
ワークショップ自体は「マクロビオティックを生活に取り入れることで、どれだけ自分がステキになれるか、本当の自分が見えてくるのか」という精神的なところにフォーカスされておりました。マクロビオティックはど素人のぼくでも哲学とかはいっちょ前に好きなので、非常に楽しい時間をすごすことができました。


ワークショップの内容を少しだけ掻い摘んで紹介してみますが、例えば、春夏生まれの人と秋冬生まれの人の話。お母さんのお腹の中にいるときに、お母さんが食べるものが違うので(夏だったら体を冷ます食べ物だったり、冬なら体を暖める食べ物だったり)、そのせいでなりやすい病気が違うんだそうです。

さらにつむじの向きでお母さん・お父さんどちらに強く影響を受けているのかも分かったり、口を見てその人の精神的な面も分かったりするそうです。

そして個人的には「食べ物がいかに自分の精神を形成しているのか」「食べ物によって自分の生き方が変わる」という部分がやっぱり一番印象に残りました。
マクロビオティックについてサニー先生は「自分を知る手段」とおっしゃっていました。「食べ物の陰陽を意識したマクロビオティックを生活に取り入れることで、自分の本質に迫ることができる。」と。食べ物の陰陽というものを考えたことがなかったので、すごくおもしろかったです。
そして「自分を知る」というのに、食べ物がこんなに関係しているんだなぁ、自分の知らないうちに食べ物に自分をコントロールされているんだなぁ、と目から鱗のお話が次々と飛び出てくる2時間だったのでした。



lotus3.jpg
(昔撮った写真)

ワークショップが終わった後、ネットでマクロビオティックを調べてみると、リッツカールトンホテルで採用されていたり、先生もおっしゃっていましたが、美を追い求めるプロのマドンナが最終的に行き着いた食事法なんですよね、これ。マドンナ様がされていると、やっぱり説得力があります。




食事の陰陽を整えることで、自分の本質を見極め、本当にやりたいことがスムーズにできるようになるというマクロビオティック。何だか今めちゃくちゃやってみたい衝動に駆られているのですが、ネットを見てみると、お肉とか卵を食べる量を減らすべきみたいなので、今日から少しずつ(多分めっちゃくっちゃ少しずつ)今の自分の食スタイルをマクロビオティックに将来近づけていければいいなぁ、と思います。


でも、それ以前に今は玄米なんかを買う余裕がないっていう。
世の中、金ですね。金。はわわ。


とっても勉強になった一日でした。サニー先生ありがとうございました。
「食べるものをもっと考えなきゃ!」っていう意識付けになったので、本当に参加できて良かったです。

あと隣に居らっしゃった方がライフバンクーバーのトマトの記事を見てくださっていて驚きました。
お世辞でも「おもしろかったよ。」と言ってくださって、なんというか、素直に嬉しかったですね。
もっと頑張らなきゃ。


ではまた。




////////////////////マクロビオティックの参考資料////////////////////

http://kimiracle.com/ (サニー先生のホームページ)
http://www.naturalhouse.co.jp/beauty/life/134.html
http://www.chayam.co.jp/macrobiotic/
http://macrobioticweb.com/about/about.shtml

/////////////////////////////////////////////////////////////////

反省2014と抱負2015。 / Reflection 2014 and Ambition 2015 2015.01.03


a-happy-new-year2015.jpg



どうもです。


みなさま明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。




さて、2014年があっというまに終わってしまいまして、2015年が颯爽とやってまいりました。
ぼくといえば年末年始ともに仕事があったり、初夢は怖い夢で汗びっしょりだったりと、最高のスタートが切れた(?)のですが、みなさまはいかがでございましょうか。(初夢の詳細はもう覚えていないのですが、初めて夢の中で英語を喋っていてびっくりしました。ついに英語脳になった!?なんて。)




ぼくは毎年この時期に、去年の反省と新しい一年のテーマを決めるのですが、前回を一応振り返っておきます。
(↓去年の記事はこちら。)
http://lifetwitter.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

2014年のテーマは「Change」でした。
「苦手なこと、自分にとって無理だって思うことにどんどん挑戦したい」なんて昨年の記事にカッコつけて書いておりますが、実はけっこうクリアしたのではないかと自画自賛。自分に甘い自分ですが、それくらい充実した時間を過ごせた気がするんです。


でも今年4月にバンクーバーに来た頃はうまく友達もできず休みの日も図書館に行って勉強するだけで終わって、その勉強すらあんまりうまくいかなくて、

「もう帰りたいな。」

なんて思った日も多々あったのも事実でした。外国で独り。辛かったですね、やっぱり。
それでも学校を卒業してからすぐ仕事が運よく見つかって、さらに夢だったモノ書きのお仕事をいただけて、お友達ができて。少しずつ自分のバンクーバーでの生活が明るくなってきたのは、ぜんぶ今まで出合った人たちのおかげでした。そして日本から応援してくれている人たちのおかげでした。そんなこんなで人と人との繋がりをこんなに意識した年はなかったのでした。支え合って、与え合って生きることの大切さが27歳にしてやっと本当に分かったような気がしたんです。



ということで。
2015年の目標はこれにしました。



2015年スローガンピクチャー

「人、人、愛、自分。」

今まで出合えた「人」、そしてこれから出合う「人」、その人たちに最高に「愛」を注げる「自分」になりたい。

もともと、ぼくは人付き合いというのがヘタで、日本にいたころは誰かに「お茶しに行こう!」なんて言ったことがなかったんです。20歳くらいのときに読んだ何かの自己啓発本で「30歳になるまでは自分の魅力を磨くことに専念して、人脈作りはそれからでいい。」なんて書いてあったので、「あぁ、確かにそうかも。」なんて潜在意識下で思っていたためか、家にこもって本を読んだり、インターネットをしているほうが好きで、一人遊びがとても得意でした。胸の中の寂しさを享受して、寂しさと共存していました。

そんなかなり残念で薄暗いおっさんだったのですが、バンクーバーに来てから変わりました。なぜだか変わりました。
お友達と呼べる人たちがありがたいことにたくさんできて、そんな人たちとお話することがこんなに楽しいことなんだって気付けました。みなさんに救われたのでありました。


だからこれからは30歳なんて待たずに、もっとたくさんの人と出合うように、好きな人たちともっと時間を共有していきたいです。もっと目の前の人たちからたくさんのいろんな言葉をこの体に沁みこませたい、いろんな気持ちを共有したい、27歳にしてやっとそんな風に思えるようになったんです。今までみたいに自分だけに集中するんじゃなくて、これからは周りの人たちの幸せについて、もっと考えてもいい時期なのではないかと思うんです。そしたらもっと楽しい人生が、もっと魅力的な未来の自分が待っているのではないか、と。




「Life is too short」


みなさんが最高の年を過ごせますように。
2015年はさらにステキな年になりますように。できますように。
後悔のないよう生きられますように。全ては自分次第ですね。魅力的な人間になりたいです。
なので、ぼくといたしましては2015年12月31日に向けて笑みを絶やさず必死にオカマ走りでえへえへ言いながら一気に突っ走りたいと思う所存でございます。


あと、
お金がたくさん欲しい!!!!
最低自給の闇から抜け出したい!!!!!
バンクーバーでもっと勉強していたい!!!!!!
たくさん稼げるようになって、エイズの子たちを助けたい!!!
本棚が壁一面にあるオシャレーなお家が欲しい!!!!
インテリアにもこだわれる余裕が欲しい!!!!!
猫が飼いたい!!!!
写真集を出したい!!!!!!
写真展を開きたい!!!!!!
本を出したい!!!!!!!
太りたい!!!!!!!!!
etc!!!!!!!!!



2015年も夢が膨らむばかり。
ではまた。


やまもとひろき
gay / produce worker / 27years old / Okayama / music / books / vegetables / fruit
(同性愛にご理解のない方は、閲覧をご遠慮ください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。