スポンサーサイト --.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭の中の掃除 / Clean up in my mind 2015.05.11


kokorodance0309no1.jpg
(※写真は内容と関係がないkokoro dance)


みなさん、お久しぶりです。
久々のブログ更新となりました。



突然ですが先日、上司の方とお話していたら、夢の話になったんです。

「将来どうしたいの?」

と聞かれて、

「あっ・・・野菜と果物に関わる仕事がしたい、な・・・と。」

みたいに曖昧に返した覚えがあります。


その普遍的な質問が、ものすごく今の自分に新鮮で、びっくりしてしまいました。
なんだか最近は目の前のことに目を向けすぎて、長い目で見たときの自分を全く想像していないことに気が付いたからでした。


kokorodance0309no5.jpg


いつも周りの人がうらやましくなるのは、みんな明確な夢を持っていること。
だから、夢を叶えるための計画が立てられるし、それに向けて頑張れるんですよね。
そういう人たちを見ると「ぼくもいつかこんな人たちに追い付きたいなぁ。」と思います。

それにFacebookなんかを見ていると、小学生のときの友達が続々と結婚して、家庭を持って、家を持って。
みんな夢があるからこそ、頑張っているんだなぁ、と思います。

kokorodance0309no2.jpg

でも、自分の場合、明確な夢を持てたことがなくて。曖昧なものしか思い浮かばなくて、

「なんで自分だけいつもこうなんだろう」

と思います。

どんどんみんな成長していく中、足がいつもすくんで。
「このまま生きていくのが正直怖い。」と、よく思います。


kokorodance0309no3.jpg


でも、考えているだけでは何も始まらないのも、一応わかっているつもりで。
だから、今は与えられたチャンスがあるなら、それを全うしようと改めて思いました。
羽がなくっても、走る足があるなら、走るのみだな、と。

そんなちょっと馬鹿げて聞こえる人生が世の中に一つぐらいあってもいいんじゃないかと思いました。
(頭使えよ、なんて言わないでくださいね。馬鹿なんで。)

kokorodance0309no7.jpg

ということで。
最近は、頭の中を整理しきれずに散らかった床の上を駆けまわって生活してきたので、ここで一度仕切り直し。もう一度、落ち着いて「頑張れよ、自分。」のエールを送りたいと思います。


kokorodance0309no9.jpg

頭のなか、きれいきれい。
ぼくもこのお兄さんみたいにパワー溢れる人間になりたいです。

それではまた。


やまもとひろき
gay / produce worker / 27years old / Okayama / music / books / vegetables / fruit
(同性愛にご理解のない方は、閲覧をご遠慮ください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。