スポンサーサイト --.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サニーさんのセミナー「夏〜土用の季節に効く!こころとカラダのリセット法」に行ってきました。 / Seminar : how to solve problems of my mind and body 2015.07.27




先日7月15日、マクロビオティックのサニー先生から無料セミナーに招待いただいたので、お言葉に甘えてホイホイと行ってきました。

テーマは「夏〜土用の季節に効く!こころとカラダのリセット法」。


hiwamari.jpg
photo from サニーさんのホームページ

個人的にサニーさんのセミナーには今回で2回目の参加となり、会場も前回と一緒だったですが、見事に迷い、遅れて会場へ潜入したのでありました。(記憶力のなさ乙)そして

「なんということでしょう。」

見渡せば参加者が全員女性。おかまが一人浮きすぎて、今すぐ塵になりたいと思いました。


しかし遅刻したものの、始まるまで少しだけ時間があったので、以前ほかのセミナーでお知り合いになった美人先生だったり、お隣の看護師のお姉さま方とお話をさせていただくことができました。ぼくの顔を見て「野菜の人?」って言っていただけて、なんだか自分の記事を見てくださっている方がちゃんといるんだと思うと、胸熱(体温40度くらい)でした。素直に嬉しかったです。


写真 (7)
(絵がやけにかわいい、と隣に座っていた上司とぼくの中で話題に)

セミナーが始まると、さすがのサニーさん。プレゼンのコツを掴んでいるというか、勇ましい姿には貫禄すらあり、感動しました。
今まで色んな人のセミナーに参加させていただきましたが(あんまり多くはないけど)、段違いに話術があるんですよね。
「見習わなきゃぁ。」と思いつつ、セミナーからもう10日ぐらい経っていますが何もしていません。

日頃から大して喋らないぼくが地べたに埋まっているとしたら、サニーさんは雲の上ですね。ほんとに。


さて、内容についてはマクロビオティックの視点からのもので、興味深いことがやはり多かったです。
例えば、甘いものがついつい欲しくなる人は、こんなものを食べているせいだから、とか食べ物が自分の意識を無意識のうちにつくっちゃうんですよね。

特にぼくにとって印象的だったのは唇の荒れについて。

写真 (8)


ぼくは今年に入ってから唇がとっても(×100)荒れるようになってしまって、どうしたものかと嘆きつつ何もしていなかったのですが、今回のセミナーの話で、「唇が荒れてる人は腸(だったと思う)が悪い」とサニーさんが言っていて、何だが体に衝撃が走りました。ピピピピピーッ、と。

「最近、週に1袋ポテトチップス(好物はバーベキュー味)を食べるようになったのが原因なのかな」とか、「運動量が去年に比べて50分の1くらいになったせいだわ」とか、「できたての料理を毎日食べたいなぁ」とか、「会場寒いわぁ」とか、「会場の中で自分だけ性別が男で灰になりたい」とか、色んなことが走馬灯とは言わなくとも、脳裏の中をひゅーっと駆け巡ったわけです。

さらに追い打ちをかけるように、唇が荒れている人は恋愛でもズルズルいってしまうと言われて、「・・・・・・・・・!!!!」と思ったわけです。
確かに最近、ぼくの中でズルズルと汚いドブの中に一人で沈んでいる感があって、でもどうしたらわからないので、一人もがかず沈んでいっていたところなのでした。

「食べ物が体や意識をつくってくれているんだなぁ。」ということを改めて認識させられたのでありました。
「忙しい」を理由に、食をサボってしまった自分を反省。だから最近、普段からネガティブな自分がスーパーネガティブさんになっていたのですね。
そりゃスーパーひとしくんも没収されます。


onmyo.jpg
photo from サニーさんのホームページ


その他、おもしろいお話がたくさんあって、これで無料でいいのかなぁと思ったのですが、
こうやってブログを書いて少しでも多くの人に届けば、サニーさんへの恩返しみたいなものにもなるんじゃないかと思い、
深夜1時にこうしてパソコンをカタカタしているわけで。くっそ眠いですね。


また、明日から美味しいものを食べよう。もっと運動しよう。もっと新鮮なものを新鮮なうちに食べよう。
そう思いながら、床につき、また明日も1週間前に買っためっちゃやっすいカッチカチのピザを食べているのでしょう。
あぁ、ダメ人生。ちあきなおみの喝采がなぜか聴きたくなりました。


たくさんの良い言葉をいただけて、たくさん学ぶことができた充実した時間を過ごすことができました。
サニーさん、今回もどうもありがとうございました。


それではまた。


※サニーさんのホームページはこちら

Alone Again(Naturally) 2015.07.13


写真 (5)



生活に、ひとつ、区切りをつけました。

上の写真、死んだ人みたいになってますが笑



1035x1035-MI0003781327.jpg


ところで最近は、Diana Krallの「Wallflower」というアルバムを繰り返し聴いています。


往年の名曲をダイアナ・クラールのシャガれた声が包み込んでいます。

ぼくの大好きなギルバート・オサリヴァンの「Alone Again(Naturally)」や、10ccの「I'm not in love」が特に感動的に仕上がっています。もちろんイーグルスの「Desperado」も。
アレンジも基本的にピアノと声に寄り添っていて、聴いていてすごく落ち着くことができます。





最近、頭の中がごちゃごちゃになっていたので、こういう音楽を聴きながら、夢を頭の中で描く時間が必要だなぁと思っています。
世の中のこと何も分からないし、ネガティブ思考だし、おかまだけど、頑張って生きなくちゃと思います。




それではまた。



やまもとひろき
gay / produce worker / 27years old / Okayama / music / books / vegetables / fruit
(同性愛にご理解のない方は、閲覧をご遠慮ください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。